Menu
(0)

Search

『アイアンマン』ペッパー・ポッツ役グウィネス・パルトロウ、ある条件クリアすれば再演に前向き

グウィネス・パルトロウ Gwyneth Paltrow
Photo by Red Carpet Report on Mingle Media TV https://www.flickr.com/photos/minglemediatv/6788090094/in/photostream/|Remixed by THE RIVER

アイアンマン』『アベンジャーズ』シリーズでトニー・スターク/アイアンマンの元秘書であり妻のペッパー・ポッツ役を演じたグウィネス・パルトロウは、同役卒業から2年経った現在も再演に前向きなようだ。復帰にあたっては、ぶれずに持つ条件のようなものがあるみたいで…。

グウィネスは、『アイアンマン』(2008)でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初登場を果たし、続く『アイアンマン2』(2010)『アベンジャーズ』(2012)『アイアンマン3』(2013)に出演。『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)では久々に姿を見せ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でも再登場した。『エンドゲーム』公開前の2019年2月には、ペッパー役を卒業する意思を明らかにしていたグウィネスだが、現在の心境はというと…?

Peopleのインタビューにて、再演の可能性を訊かれたグウィネスは、「もし1日か2日でできる小さい役どころであれば、もちろんウェルカムですよ」と返答。『アイアンマン』シリーズほどの出演は望んでおらず、これは2019年に卒業を明かしたことから一貫しているようだ。

じつはグウィネス、卒業宣言時も再演について「“1日だけ帰ってこられませんか?”って言ってもらえるならいつでも参加する」と、今回とほぼ同じ旨を伝えている。(復帰日数の許容範囲が2日に増えてはいるが。)いわば、“カメオ出演でなら”再演に前向きということになるが、これはもはやMCUで茶飯事だ。あとは機会を待つのみということだろうか。

ちなみに、ペッパーの夫であったトニー・スターク/アイアンマン役を演じたロバート・ダウニー・Jr.は、自身の再演に「ありえないことはない(never say never)」と語っている

あわせて読みたい

Source: People

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly