Menu
(0)

Search

『ナイトクローラー』監督とジェイク・ギレンホールが再タッグ、Netflixオリジナル映画製作へ

『ノクターナル・アニマルズ』のジェイク・ギレンホール。©Universal Pictures

2014年公開の評判作『ナイトクローラー』のダン・ギルロイ監督が、同作主演のジェイク・ギレンホールと再タッグを組み、Netflix配信作品を手がけることがわかった。Varietyが伝えた。

同作にはジェイク・ギレンホールの他に、『ナイトクローラー』ではニーナ役を、『マイティ・ソー』シリーズではアスガルドの王妃フリッガ役を演じたレネ・ルッソも出演。ザウェ・アッシュトン、「ストレンジャー・シングス」ナンシー役ナタリア・ダイアー、トム・スターリッジ、「ゲットダウン」デイビード・ディグス、『シックス・センス』(1999)のトニ・コレット、『マルコヴィッチの穴』(1999)ジョン・マルコヴィッチ、ビリー・マグヌッセンらも出演するという。

『ノクターナル・アニマルズ』のジェイク・ギレンホール。©Universal Pictures

今作の内容についてはタイトルを含め現時点でほとんど不明だが、報道によればアーティストと商人の間を巡る芸術性と商業性の衝突を描くホラー/スリラーのジャンルとなるという。2018年の配信を予定しているということだ。

それにしてもNetflixからは、これまでであれば劇場で上映されるであろう著名監督による作品の予定が相次いでいる。「これなしでは生きていけない、というようなコンテンツを作ることに注力する」と意気込むNetflixは、オリジナル映画を2018年に約80本配信予定としており、先日はマーティン・スコセッシ監督による製作費1億4千万ドルの超大作Netflixオリジナル映画『ジ・アイリッシュマン』が撮影を無事終えている

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly