Menu
(0)

Search

『ハロウィン KILLS』続編・最終章の時代背景は? ─「世界は変わっている」と監督が明かす

ハロウィン KILLS
(C)UNIVERSAL STUDIOS

ジョン・カーペンターによる同名の傑作映画を現代に蘇らせた3部作の2作目、『ハロウィン KILLS』が公開を迎えた今、シリーズは残すところひとつとなった。どうやら最終章を飾る映画、『ハロウィン ENDS(原題:Halloweeen Ends)』では舞台が“現在”に移り変わるようだ。

まずは、『ハロウィン』(2018)から『ハロウィン KILLS』への展開について簡単に振り返りたい。『ハロウィン』では、1978年の1作目から40年後を舞台に、ブギーマンことマイケル・マイヤーズとローリーの壮絶な戦いが描かれた。死闘の末、ローリーはマイケルを家の地下室に閉じ込めることに成功。そこに火を放ち、ローリーはマイケルとの因縁の対決に終止符を打ったのだ。しかし、『ハロウィン KILLS』ではマイケルが業火の中から生還し、再び町を恐怖に陥れることに。

つまり、『ハロウィン KILLS』では前作に引き続き、2018年10月31日の夜が舞台になっているというわけだ。最終章ではついに夜明けを迎え、物語は一気に現在に移り変わるという。Uproxxのインタビューにて、デヴィッド・ゴードン・グリーン監督は「現在に飛びます」と認めながら、「公開時期の時代を描くことになります」と説明している。『ハロウィン ENDS』は、2022年10月14日に米国公開が予定されているため、2022年の物語になるということだろう。

デヴィッド・ゴードン・グリーン監督は、「2018年の夜に登場人物たちが残された場所と今では、世界が変わっているわけです」としながら、ハドンフィールドはマイケルからのトラウマや恐怖と向き合うだけでなく、コロナ禍やさまざまな社会問題に見舞われた世界の苦悩にも立ち向かわなければない状況にあると続けている。マイケルだけでなく、パンデミックの恐怖にもさらされる世界を舞台にした恐怖映画となるわけだ。なお、IMDBによると、『ハロウィン ENDS』はプリプロダクションの最中とのことである。

『ハロウィン KILLS』は公開中。

Source: UproxxIMDB

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly