『ハリー・ポッター』を観返したいあなたへ!今になって考えるといろいろ気づくトリビア集

11月23日に公開された『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、みなさんもうご覧になりましたか?また改めて『ハリー・ポッター』シリーズを観返そうかな……と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は「こう解釈してみるとおもしろい!」「こう突っ込んでみるとおもしろい!」、今だからこそ振り返りたい『ハリー・ポッター』シリーズのあれこれやトリビアをお送りしたいと思います。

ドラコ、学園生活の出鼻をくじかれた件

たくさんの魅力的なキャラクターが登場する『ハリー・ポッター』、その中で最もいじられ憎まれ愛されているキャラといえばやっぱりこの方。ドラコ・マルフォイくんではないでしょうか?

いじめっ子で知られているドラコですけれど、やっぱりなんだか嫌いになれないんですよね。

『ハリー・ポッターと賢者の石』のこのシーン、皆様覚えていますでしょうか。新入生たちがホグワーツに到着し、大広間の宴会の前でのこのシーン。

ドラコはホグワーツでの生活に胸を膨らませていました。魔法一家で育ったドラコは、ハリー・ポッターという少年の話をさんざん聞かされて育ったはず。

父親がルシウス・マルフォイですからそんな「英雄!」という感じには聞かされてはないかもしれませんが、きっとドラコはこう思っていたはずです。「僕と同い年なのにめちゃくちゃ有名人じゃん!お友達になりたい…」そしてその芸能人的存在ハリー・ポッターとついに対面! 意を決して話しかけます。

ただその横にはなんということか、同じ魔法一家でも格下(笑)と思っているウィーズリー家の息子がいるわけですね。「先を越された!」とめちゃくちゃ羨ましくなってしまったドラコはついついかわいくない口をきいてしまいます。

「僕が友達の選び方を教えてあげよう!」

とまあ、ドラコなりに頑張って話しかけたわけですが案の定ハリーには「や、友達は自分で選ぶんで」とあっさり玉砕、傷心のドラコ。

ここでもしハリーが“スリザリンに入りそうなやつはみんなヤバイ”という偏見を持たずに2人が握手していたら、親友とはならずとも普通に友達になっていたら……後半では、もっとセンチメンタルな気分になる友情ストーリーがきっと生まれていたのでは?

ハリー・ポッターに残念ながらふられてしまったマルフォイは、クラッブとゴイルという ルックス的にもよろしくない子分と学園生活を過ごすはめになります。

ニュート・スキャマンダーがまさかの登場してた件

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の主人公、魔法生物学者のニュート・スキャマンダー。ハリーたちが使っている教科書「幻の動物とその生息地」の作者でもあり、『ハリー・ポッター』シリーズの時代にはハリーたちのおじいちゃんぐらいの年。

http://europe.newsweek.com/watch-new-fantastic-beasts-and-where-find-them-trailer-spine-tingling-446247

http://europe.newsweek.com/watch-new-fantastic-beasts-and-where-find-them-trailer-spine-tingling-446247

そのニュート・スキャマンダーが、一瞬だけ登場しているシーンがあるんですよ。

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』で出てきた「忍びの地図」を皆さん覚えていますでしょうか。ホグワーツの今どこに人がいるか1発で分かる、ジェームズ・ポッター、リーマス・ルーピン、シリウス・ブラック、ピーター・ぺテグリューが作った地図です。その忍びの地図に、“ニュート・スキャマンダー”という名前が現れているんです!

Newt in the Marauder’s Map

なぜニュート・スキャマンダーがこの時ホグワーツを訪れていたかは不明ですが、ファンタビシリーズが進むにつれていずれ明かされる時がくる・・・かも。ぜひぜひ忍びの地図が登場するシーンは、目をこらしてニュート・スキャマンダーを探してみてください。

ドラコ、 絶対にあのコが好きだった説

またしてもマルフォイの話題です。彼が最も憎まれ口を叩き、でも最も話しかけていた子といえば…あの子しかいませんよね、ハーマイオニー・グレンジャー

純血主義のドラコはマグル出身のハーマイオニーに対して「穢れた血」とひどいことを言いつづけます。めちゃくちゃハーマイオニーを傷つけているんですけれど、でもなんだか“好きな子はいじめたくなっちゃう”ツンデレ男子にしか見えない気がしませんか・・・?

実際ハーマイオニーのことをどう思っていたかは分からないですけれども、絶対にドラコの青春は甘いものではなかったはず。彼の“彼女”は映画でも原作でも描かれていませんでしたが、“いい感じの子”として登場していたのはパンジー・パーキンソンという女の子。

ドラコに膝枕したり、ヒッポグリフに蹴りを食らった時に心配するなどといった様子が描かれています。

おそらくドラコが好きだったというより、スリザリンの中でブイブイいわせていたドラコに彼女が思いをよせていた…という感じ。ちなみにパンジーのルックスは“いかれた雌牛”“脳震盪を起こしたトロール”という感じらしい(ハーマイオニー談)ので、かなり残念な子というのは間違いありません。

大人になってからはパンジーではない女性と結婚したドラコ、うまくいくといいね!結婚生活!

相当遊ばれてたワームテール

ロンが小さい頃からかわいがっていたネズミ、スキャバーズ。『アズカバンの囚人』で、ある衝撃の事実が発覚しますよね。それはスキャバーズが本当は人間で、ピーター・ぺテグリューというおっさんが変身していたということ!

http://harrypotter.wikia.com/wiki/File:Harry-potter4-movie-screencaps.com-10104.jpg

http://harrypotter.wikia.com/wiki/File:Harry-potter4-movie-screencaps.com-10104.jpg

思えばロンとスキャバーズの思い出も実はそこそこありました。『賢者の石』のホグワーツ行きの電車の中で、「おひさま、ひなぎく、とろけたバター…」と黄色に変えようとしたり(火花が散るだけで失敗)、“変身術”の授業で杯に変えたり(しっぽは残ったままで失敗)、思えばあのピーター・ぺテグリューというおっさんを黄色に変えようとしたり杯に変えようとしていたわけですよ。相当遊ばれていたってことになりますよね。

これでもし「おひさま、ひなぎく…」の呪文がちゃんと効いていたら、ピーター・ぺテグリューも黄色に変わっていたりして。いやなかなか気持ち悪い! あんなおっさんと成長期を過ごしていたロン…かわいそう。

改めてあんな人こんな人が出演している件

狂気に満ちた魔女ベラトリックス・レストレンジを演じたのはヘレナ・ボナム=カーター、ハリーの名付け親シリウス・ブラックを演じたのはゲイリー・オールドマン、イケメンハッフルパフ生、セドリック・ディゴリー役はロバート・パティンソン。彼は数年後には吸血鬼になっていますね。

映画界で活躍する名だたる俳優たちが出演している『ハリー・ポッター』シリーズですが、よく見ると、あの映画のこんな人あんな人も出演していました。

まず、『賢者の石』『秘密の部屋』などに登場するグリフィンドールのクイディッチの主将、ウッド。彼を演じているのは、先日THE RIVERでも紹介しました『フローズン・タイム』で主役をつとめたショーン・ビガースタッフです。

image

『死の秘宝 PART2』で登場するヘレナ(レイブンクローのゴースト)役は、『トレインスポッティング』でダイアン役を演じた女優、ケリー・マクドナルド。ハリーの飼っていたフクロウ・ヘドウィグよりも長い尺で死んでいった屋敷しもべ妖精、ドビーの声を担当したのは、パニック映画『ミスト』の店員役であるトビー・ジョーンズでした。

image

魔法省大臣ルーファス・スクリムジョール役を演じたのは『パイレーツ・オブ・カリビアン』でデイヴィ・ジョーンズ役を演じて存在感を発揮した俳優、ビル・ナイ

image

出演回数こそ少なくとも、一度は絶対に見たことがある、どっかで見たことがあると思ったら出てた……という俳優、イギリスを代表する名優たちが出演しているところも『ハリー・ポッター』の見どころです。

『ハリー・ポッター』シリーズを観返す際には、ぜひこれらのことをちょっと意識して観てみてください! 1回目とは全く違う楽しみ方ができる…はず。

【魔法動物の選び方ガイド】ファンタスティック・ビーストやハリー・ポッターの魔法生物たち、飼うならどれにする?


Eyecatch Image: https://www.bustle.com/articles/116217-14-most-underrated-parts-of-the-harry-potter-books-that-werent-in-the-movies

About the author

フリーライター(1995生まれ/マグル)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。