Menu
(0)

Search

『ヘルレイザー』米HBOでドラマシリーズ化 ─ リブート版『ハロウィン』監督が参加、脚本に『ゴジラ』続編のマイケル・ドハティ

ヘルレイザー
© Photoshot 写真:ゼータ イメージ

カルトホラー映画の金字塔ヘルレイザーシリーズが、「ゲーム・オブ・スローンズ」「ウォッチメン」の米HBO製作にてドラマシリーズ化される。米Deadlineが報じている。

映画シリーズの第1弾は、英国のホラー作家クライヴ・バーカーが、自著『ヘルバウンド・ハート』を映画化した『ヘル・レイザー』(1987)。究極の性的官能を体感できる「ルマルシャンの箱」と呼ばれるパズルで異次元への扉を開いてしまった人々が、「セノバイト」と呼ばれる4人の魔導士により、苦痛と恐怖=究極の快楽を受ける。頭部に無数のピンが刺さった「ピンヘッド」などグロテスクで魅力的なキャラクターたちが人気を博し、映画10作品のほか、コミックや商品展開が続けられてきた。

報道によれば、ドラマ版はリブート企画ではなく、過去の映画で描かれてきた物語を受けて、シリーズをさらに継続・拡大するもの。ピンヘッドをはじめとするセノバイトを中心に、さらなる恐怖がテレビシリーズで展開することになる。

ヘルレイザー
© Photoshot 写真:ゼータ イメージ

パイロット版の監督を務めるのは、リブート版『ハロウィン』(2018)が絶賛を受けたデヴィッド・ゴードン・グリーン。『ハロウィン』続編2部作を製作中とあって多忙の身だが、パイロット版以外にも複数のエピソードを手がける。脚本は「Marvel デアデビル」「死霊のはらわた リターンズ」のマーク・ヴァーヘイデンと、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019)脚本・監督のマイケル・ドハティが執筆。3人は製作総指揮も兼任する。そのほか、製作総指揮には『レディ・プレイヤー1』(2018)のダン・ファーラー、『IT/イット』2部作のロイ・リーら。原作者のクライヴ・バーカーは関与していない。

なお、2020年4月中旬には『ヘルレイザー』リブート版映画の企画も報じられているが、HBOによるドラマ版は同作とは無関係。リブート版映画は「オリジナルに忠実、かつ進化した」内容を目指し、監督は『ザ・リチュアル いけにえの儀式』(2017)のデヴィッド・ブルックナー、脚本は『ぼくらと、ぼくらの闇』(2017)のベン・コリンズ&ルーク・ピオトルフスキーが担当。原案・製作は『ダークナイト』3部作や『ブレイド』シリーズのデヴィッド・S・ゴイヤーが務めている。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly