Menu
(0)

Search

ヘンリー・カヴィル、『007』シリーズのヴィラン役に前向き「喜んで話し合いに応じます」

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ヘンリー・カヴィル インタビュー
©THE RIVER

『ジャスティス・リーグ』(2017)「ウィッチャー」(2019-)などのヘンリー・カヴィルが、『007』シリーズでヴィラン役を演じることに前向きのようだ。

The Movie Dweebのインタビューにてヘンリー・カヴィルは、『007』シリーズでヴィラン役を演じることへの興味について尋ねられたところ、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリとマイケル・G・ウィルソンの判断次第であると積極的な姿勢を示している。「もしも、バーバラとマイケルが、彼らの映画に僕を参加させることに興味を持っているのであれば、その話し合いには喜んで応じますし、それは僕にとってとても魅力的なことです」。

ヘンリー・カヴィルがヴィラン役を演じた作品といえば、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)を思い浮かべる方も多いだろう。冷淡で凄腕のCIAエージェント、オーガスト・ウォーカーとしてイーサン・ハントの前に立ちはだかった人物である。『007』シリーズにヴィラン役として参加することになった際は、ジェームズ・ボンドを卓越した戦闘術で追い込むことになりそうだ。

『007』シリーズは現在、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』をもってダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役から卒業したことを受けて、ボンド役の後継者に大きな注目が集まっているところでもある。その候補者のひとりが、ヘンリー・カヴィルだ。かつてカヴィルは、クレイグと並んで有力候補に挙げられていたが、「ボンドには若すぎる」として起用を見送られていた。しかし、カヴィルも今では38歳。時は熟したわけだ。

そんなヘンリー・カヴィルは、2020年9月時点で「興味を持たれれば、その機会には必ず応じる」と、ボンド役への変わらぬ願望を見せていた。つまりカヴィルは、ボンド役であっても、ヴィラン役であっても、『007』シリーズに参加することに意欲的ということだ。

あわせて読みたい

Source:The Movie Dweeb

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly