Menu
(0)

Search

スパイダーマン俳優トム・ホランド、次回作のため大幅減量中 ─ 『アベンジャーズ』ルッソ監督と再タッグ、薬物依存の帰還兵演じる

トム・ホランド
Photo by THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバースのスパイダーマン役で知られるトム・ホランドが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のアンソニー&ジョー・ルッソ監督と再びタッグを組む次回作『チェリー(原題:Cherry)』のため、大幅な減量に臨んでいるという。2019年8月、米国で開催されたKeystone Comic Conにてトム自身が明かした。

『チェリー』は実話を基にする物語で、トムが演じるのは、イラク戦争に派兵され、極限下でPTSDを患った男ウォーカー。アメリカに帰還するも、PTSDの治療薬として処方されたオピオイド(麻薬性鎮痛薬)の依存症となり、借金地獄から抜け出すべく銀行強盗に手を染めていくという役柄だ。原作者ニコ・ウォーカーは4ヶ月間で11の銀行を襲撃し、2018年8月時点で刑務所に収監されていた。

この役柄を演じ切るため、トムは過酷な減量に挑んでいるとのこと。「体重を落とそうとしているんです。めちゃくちゃ痩せようとしています」。ただでさえ引き締まった身体の持ち主だが――健康的であるがゆえに――役柄が要求するビジュアルに近づけなければならないのだろう。トムは「うまくいってないんです、ピザが大好きだから」とジョークを飛ばしつつ、「やり遂げますよ」と意気込んだ。「ブートキャンプを受ける予定もありますし、最近はすごく走ってます」

トムがトレーニングなどで体重を落とすのは、自身のキャリアにとって初めてのことだという。クリスチャン・ベールらに代表されるように、これまで多くのスター俳優が挑んできた方法だが、その過酷さは想像以上だったようだ。「駅で倒れちゃったんです」とトムはさらりと告白する。「何が起こったのか分からなかったですよ、とにかく床に倒れてて。脚がダメになったんだと思いました。それほどのことじゃなかったのかもしれませんけど、病院に行くべきだと思いましたね」。

ちなみにルッソ監督は、『チェリー』について、これまでとは「100%異なる」トム・ホランドの姿を見せると豪語している。トム自身も「すごく楽しみなプロジェクトです」と述べて、新境地の開拓に意欲十分だ。「今までの人生で味わったことのない感情や要素を探っていくことになります」

映画『チェリー(原題:Cherry)』は2020年に米国公開予定

あわせて読みたい

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly