Menu
(0)

Search

トム・ホランド、「デアデビル」とのクロスオーバー待望論に反応 ― 「廊下でのファイトシーンは壮観でした」と熱く語る

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ 記者会見 トム・ホランド
©THE RIVER

2021年12月上旬にマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、「Marvel デアデビル」(2015-2018)で主人公デアデビル/マット・マードックを演じたチャーリー・コックスが、今後のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品に復帰する可能性を示唆し、ネットが騒然。ファンが待ちに待った朗報が届いた。

そんななか、MCU版『スパイダーマン』シリーズに主演しているトム・ホランドが、Netflix版デアデビルとMCUのクロスオーバについて反応。米Inverseとの取材で、スパイダーマンとデアデビルがコラボレートする可能性について質問されたホランドが、「デアデビル」への愛を興奮気味に語ってくれた。

「『デアデビル』が大好きです。本当に心から楽しみました。チャーリー・コックスは最高でしたし、(キングピン役の)ヴィンセント・ドノフリオも、ウィルソン・フィスクとして素晴らしい仕事をしたと思います。マーベル・キャラクターのダークな面を見るのは本当にクールでしたし、廊下でのファイトシーンは壮観でした。僕は、そのシークエンスを担当したスタントマンを何人か知っているんです。本当に素晴らしいシリーズだと思いました。シーズン2は観ていないと思うけど、間違いなくシーズン1を堪能したことを覚えています」

ホランドが言及した「廊下でのファイトシーン」とは、シーズン1でデアデビルが狭い空間を駆使して敵と壮絶な闘いを繰り広げる、「シリーズにおけるハイライト」と呼んでも過言ではない長回しのシーンではないだろうか。

マーベル・コミックでキングピンはデアデビルだけでなく、スパイダーマンやホークアイ、エコーの敵でもある。キングピンといえば、ディズニープラス(Disney+)のマーベル・ドラマ「ホークアイ」で彼の存在がほのめかされており、残り2話となったエピソードに姿を見せるのではないかと期待されている。

デアデビルに加えてキングピンもMCUに登場するとしたら?企画が浮上しているという『スパイダーマン』新3部作にホランドが続投すれば、3人の将来的なコラボの可能性は大いにあるかもしれない。また、ホランド演じるスパイダーマンが、「廊下のシーン」に匹敵するほどの最高にカッコいいシークエンスをデアデビルと見せてくれるかも?そんなクロスオーバーが実現したら、アツいとしか言いようがない。今後の進展に期待したい。

あわせて読みたい

Source: Screen Rant , Inverese

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly