Menu
(0)

Search

トム・ホランド、マイルズ・モラレス版『スパイダーマン』映画を希望 ─ 進退についても言及「前に進む時かもしれない」

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ 記者会見 トム・ホランド
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版『スパイダーマン』シリーズの完結編と言われる『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』で、トム・ホランドのスパイダーマンが見納めとなるかもしれない。米GQとの取材で、ホランドは「前に進む時なのかもしれない」と話している。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でMCUの仲間入りを果たしたホランドは、『ノー・ウェイ・ホーム』の出演をもって、マーベル・スタジオとの契約を終える。契約終了後でも、「もし僕に戻ってきてほしいというなら、一瞬で駆けつけます」と話していたホランドだが、それはあくまでも“20代のうち”という条件付きのようだ。『ノー・ウェイ・ホーム』公開を控える中、現在の心境をこう明かしている。

ピーター・パーカーのことは考えていますよ。僕の人生の重要な一部なので。けれど、30歳を過ぎてスパイダーマンを演じるとなると、何かをやらかしてしまうかもしれないです。」

こう語るホランド、2019年6月に開催された『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のイベントでは、「80歳になってもピーター役を演じたい」とも話していた。しかし、当時は続編(=『ノー・ウェイ・ホーム』)という後ろ盾がまだあった時。シリーズの完結が近づきつつある今、ホランドは現実的になっているのだろう。さらに、別の取材でホランドは、自分の後を継ぐことになるであろう新しいスパイダーマン俳優に「スパイダーマンであることの責任を教える」と意欲を燃やしてまでもいる

そんなホランドは、こうも話す。「『スパイダーマン』にとってのベストは、マイルズ・モラレスの映画を作ることだと思います」。マイルズ・モラレスとはいわずもがな、ゲーム『Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマン:マイルズ・モラレス)』やアニメーション映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(2018)の主人公として知られるもうひとりのスパイダーマンだ。2017年6月、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギは、マイルズ・モラレスがMCUに存在するキャラクターであることを明かしていた

少なくとも『ノー・ウェイ・ホーム』が公開されるまでは、ホランドの進退に関しては何も分からない。もしも、本当に同作でトムホ・スパイディが見納めになってしまったら、悲しむファンは多そうだ。どうやら『スパイダーマン』シリーズのプロデューサーであるエイミー・パスカルもそのひとり。ホランドと同じくGQの取材を受けたパスカルは「彼なしで『スパイダーマン』は作りません」とまで話している。

あわせて読みたい

Source: GQ,Screen Crush

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly