Menu
(0)

Search

トム・ホランドは『スパイダーマン』グリーンゴブリン戦のマスク裂けトビー・マグワイアがすごく好き

スパイダーマン
MOTION PICTURE (C)2002 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. SPIDER-MAN CHARACTER TM AND (C)2002 MARVEL CHARACTERS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)スパイダーマン/ピーター・パーカー役のトム・ホランドは、これまでの『スパイダーマン』映画シリーズの中でも、特にお気に入りなシーンがあるという。「トビー(・マグワイア)」とゴブリンの最終決戦が大好き」と、ホランドは米IndieWireに話している。

「僕たちの映画でもすごくやりたかったのが、スーツがボロボロになるっていうやつ。彼(トビー・マグワイア)は、いつもコスチュームやマスクが裂けていたでしょう?あれがめっちゃ好みなんですよ。スパイダーマンになるとこういう負傷があるんだっていう、リアリティがあるから」。

確かにトビー・マグワイアの3部作で、ピーター・パーカーのお手製コスチュームはいつもボロボロになり、マスクからは素顔があらわになる。『スパイダーマン2』(2004)では名シーンである列車を止める場面にて、ピーターの筋肉がパンプアップされスーツは裂けた。『スパイダーマン3』(2007)の最終決戦でも、マスクやスーツはビリビリになった状態で強大なヴィランに立ち向かった。

スパイダーマン3
(C) 2007 Columbia Pictures Industries,Inc.All Rights Reserved.MARVEL,and all Marvel characters including the Spider-Man,Sandman and Venom Characters TM & (C) 2007 Marvel Characters,Inc.All Rights Reserved.

もちろんトム・ホランド版のピーターも満身創痍で必死に戦うが、スーツはダメージを受けても、素肌が見えるまで裂けるほどにはならない(スタークさんが頑丈に作ってくれたからかな。ありがとうスタークさん)。

果たして『ノー・ウェイ・ホーム』でスパイダーマンのスーツは、ホランドの好みのように裂けることになるのだろうか?それは同時に、ピーターの戦いが、負傷を被る死闘になることを意味するわけであるが、どうか無事であって欲しい。スーツの方は、スタークさん特製ならきっと大丈夫。たぶん、耐久性とか、すごい気を使って作ってくれてると思うから。

ちなみにホランド、アンドリュー・ガーフィールド版『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでのお気に入りは、1作目でピーターがスケボーをするモンタージュシーンだという。「確かにピーター・パーカーらしくはないとは思うけど、楽しいシークエンスだと思います」とホランド。「ピーター・パーカーの日々を、すごく面白い形で描いていたと思う」。

Source:IndieWire

スパイダーマンTM トリロジー ブルーレイ コンプリートBOX
価格:¥5,800+税
発売・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
セルブルーレイ品番:BPBH-1154

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly