スパイダーマン役トム・ホランド、『ブラックパンサー』シュリと友達になりたい?「対面したら面白いんじゃないかな」

マーベル・シネマティック・ユニバース作品『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)で主人公のピーター・パーカー/スパイダーマンを演じたトム・ホランドは、『ブラックパンサー』(2018)に登場する天才科学者シュリとピーターの間に友情を築かせたいと考えているようだ。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で対面なるか?

トム・ホランドといえば、映画『ブラックパンサー』を「革新的、歴史を作った」と自身のTwitter上で絶賛していた。米Entertainment Weekly誌による最新のインタビューで、ホランドは同作の舞台であり、シュリの兄ティ・チャラ/ブラックパンサーが治めるワカンダ国、そしてシュリとの共演への興味を示している。

「ピーターは(ワカンダに)行きたがると思いますよ。コミックでは、ピーターがワカンダにたどり着くっていう素晴らしいシーンもいくつかあるんです。それにレティーシャ(・ライト/シュリ役)と僕は1年と少し前ぐらいからすごく仲が良いんですよ。それぞれのキャラクターが対面したらすごく面白いんじゃないかな。映画の中でシュリはすごく輝いているし、『ブラックパンサー』で一番好きなキャラクターなんです。」

注意

以下の内容には、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレと捉えうる内容が含まれています。

スパイダーマン:ホームカミング

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)より ©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

『ブラックパンサー』の主な舞台となったワカンダは、2018年4月に公開を控える『アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー』においても重要な位置を占めるようだ。キャプテン・アメリカやブラック・ウィドウなど主要キャラクターがワカンダに集結し、クライマックスとなるシーンが展開されるという。

サム・ウィルソン/ファルコン役のアンソニー・マッキーによれば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー』の撮影ではドラックス役のデイヴ・バウティスタ、そしてトム・ホランドもワカンダのシーンに参加していたらしいのだが、その際、スパイダーマンとシュリは対面したのだろうか……?

なおマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長いわく、『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の次作よりスタートするMCUのフェーズ4においても、ワカンダ国は重要な存在になるとのこと。もし『インフィニティ・ウォー』でスパイダーマンとシュリの顔合わせが叶わなかったとしても、MCUの重要キャラクターである二人がいつの日か対面し、友情を築く可能性は十分にあるはずだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー
なお『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国の映画館で公開中、『スパイダーマン:ホームカミング』はブルーレイ&DVDが現在発売中だ。

(文:まだい)

Source: EW
Eyecatch Image:
[左]© 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: © & ™ 2017 MARVEL. 
[右]©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。