Menu
(0)

Search

トム・ホランド『スパイダーマン ホームカミング』続編や『アベンジャーズ』参戦を語る!スパイディスーツは「着心地が悪い」

映画『スパイダーマン ホームカミング』の撮影を先日終えたばかりのトム・ホランドが、自身の出演作『ロスト・シティ・オブ・Z(原題)』のプレミアに出席した。初めての『スパイダーマン』単独作品を撮影した余韻もさめやらぬうちに、ホランドはシリーズの今後や『アベンジャーズ』次回作への参戦予定について語っている。

『スパイダーマン』続編、早くも準備スタート

トム・ホランドが演じる新スパイダーマン/ピーター・パーカーは、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で初登場を果たした。マーベルとソニーの提携により、ついにスパイダーマンもマーベル・シネマティック・ユニバースに参入したのである。『スパイダーマン ホームカミング』は新体制による初の単独作品だが、撮影終了から間もないにもかかわらず、マーベルとソニーは続編を作る気満々のようだ。取材に対して、ホランドはこう話している。


「僕が次に参加するプロジェクトのことは言えないんです。ただ、この間『スパイダーマン』の撮影を終えたばかりで、今は第2作について話し合ってますヴィランを誰にするか舞台をどこにするかって。」

一方でまたホランドは、『アベンジャーズ』シリーズの次回作となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題)』『アンタイトルド・アベンジャーズ(仮題)』への出演については明言を避けている。

「(出演は)まだ決まってません。契約がややこしいんだと思います。だけど、契約の中身については知らないので…。」

『インフィニティ・ウォー』には66名ものマーベル・キャラクターが登場するといわれている。すでに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ドクター・ストレンジ』とのクロスオーバーが決まっているほか、Netflixドラマのキャラクターが参戦する可能性も示唆された。そこにもしもスパイダーマンが参戦しないとしたら、そんなの寂しすぎる……。

『スパイダーマン ホームカミング』のアクション秘話

ともかく、一番気になるのは『スパイダーマン ホームカミング』である。ホランドは映画の見どころであるアクション・シーンの裏話を語ってくれた。

できる限りのスタントを自分でやりました。契約上できないことはあったんですけど。とっても優秀なスタントマンがいて、撮影ではすごくサポートしてもらいましたよ。完全に安心できないスタントがあったら、いつもやり方を見せてもらって、僕にコーチしてくれたんです。」

またホランドを時に悩ませたのは、スパイダーマンのアイコンであるスパイディ・スーツだったという。

「最高のスーツとは言えません。だけど、たまに着心地が悪い時には、このスーツを着たかった人たちが大勢いることを思い出すようにしています。“わかってるのか、バカ野郎。僕は世界一幸せな男だぞ”って考えるんですよ。」

映画『スパイダーマン ホームカミング』は2017年8月11日に日本公開予定。

sources: http://wwd.com/eye/parties/robert-pattinson-sienna-miller-new-york-film-festival-the-lost-city-of-z-10676426/
http://variety.com/2016/film/markets-festivals/tom-holland-spiderman-homecoming-1201890427/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly