Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ホームカミング』米国より試写の感想続々!コミックの脚本家も絶賛、ついにサム・ライミ版超え達成か

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

アメリカにて、映画スパイダーマン:ホームカミングの試写がスタートした。現地メディアや「スパイダーマン」の関係者たちは、2017年7月7日の米国公開に先がけて本作の全貌をいち早く確かめている。大きなネタバレを周到にかわしながら語られる感想の数々には、――もはやマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品には恒例行事ともいえるが――あまたの絶賛の声が踊っていた。

コミック版「スパイダーマン」脚本家が絶賛

まず最初にご紹介したいのは、コミック『アメイジング・スパイダーマン』のライター(脚本家)を2008年から務めているダン・スロット氏が本作『スパイダーマン:ホームカミング』を絶賛していることだ。およそ10年間スパイダーマンを書き続けてきたスロット氏は、その熱のこもった感想をTwitterに連投している。

「『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のトム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン役)が好きなら、きっと『スパイダーマン:ホームカミング』の彼も大好きになるだろう。マイケル・キートン(エイドリアン・トゥームス/バルチャー役)は実にすばらしい悪役だ! ホランドとキートンが相乗効果をみせるシークエンスは、今や映画の「スパイダーマン」で一番好きなシーンだよ」

「ミッドタウンハイスクールのキャストはみんな見事だった! 特にネッド(ジェイコブ・バタロン)だ! 何人かの教師たちもうまく観客を惹きつける」

「とても胸躍ったし、すごくいい時間を過ごしたよ。この映画は本当に楽しいし、よく出来ている。多くの観客を楽しませることだろう!」

「史上最高のスパイダーマン」!サム・ライミ版超え達成か?

現地メディアの関係者たちも『スパイダーマン:ホームカミング』には絶賛の声を寄せている。たとえば、映画批評サイト「Rotten Tomatoes」などに寄稿するジム・ヴェイヴォダ氏はこう記しているのだ。

「ついに『スパイダーマン:ホームカミング』が本当に楽しい映画だということを伝えることができる。とても愉快で、心地良くて、安心できて、だけどすごく共感できるんだ。トム・ホランドはスゴいよ。『ホームカミング』を観るまで、スパイダーマンの成長物語がこれほど好きだったこと、ピーター・パーカーにこれほど共感できることを僕は忘れていた。この映画は、なぜ彼の人気が継続しているのかをきちんと捉えているよ」

またComicbook.comのブランドン・デイヴィス氏は、本作が「史上最も好きなスーパーヒーロー映画が新たに誕生した」断言。その上で、感想をこのように綴っている。

「『スパイダーマン:ホームカミング』は最初の1秒からラストまでずっと楽しい。完璧だ。小ネタやMCU全体との繋がりの大ファンとしても、本作はこの一年で最高の2時間だった。僕、そして多くの観客が大好きな映画だよ。ジョン・ワッツ(監督)、ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)、そして史上最高のスパイダーマンであるトム・ホランドに大いなる敬意を。傑作だ」

さらに映画情報サイト「コライダー」のスティーブン・ワインストローブ氏は、本作がサム・ライミ版『スパイダーマン』を超える仕上がりであると断言した。

これまでの映画版「スパイダーマン」で、僕は『ホームカミング』が一番好きだ。サム・ライミが撮った最初の2作が好きだけど、これはもっといい。ネタバレは見ないように!」

しかしながら“サム・ライミ版超え”が達成されたかどうかは、試写を観た人々の間でも意見が分かれているようだ。IGNコミックスのジョシュア・イェール氏は「僕は『スパイダーマン2』の方が好き。でも『ホームカミング』はトップクラスのスパイディだよ」記しているし、クレイヴ・オンラインのウィリアム・ビッビアーニ氏は「正直、ドラマ性はちょっと薄い」とした上で「サム・ライミによる最初の2作と同じような深みには達していない」評している

もっとも『スパイダーマン:ホームカミング』は、これまでの映画版「スパイダーマン」とは異なるところを目指した作品なのだろう。本作の特徴について、Uproxxのマイク・ライアン氏はかの有名なセリフをもじって表現している。

「『スパイダーマン:ホームカミング』は、本当に、マジで楽しい。スパイダーマンと『待ちきれなくて…』(1998年製作の青春映画)が融合したかのようさ。今回のピーターは、スパイダーマンであることが何よりも大好きで、純粋に楽しんでいる。彼のキャッチフレーズは“大いなる力には大いなる楽しさが伴う”であるべきだよ」

それに、「『スパイダーマン2』の方が好き」だと記したイェール氏もこんな感想を残しているのである。

「『スパイダーマン:ホームカミング』はマーベルのコミックを読んでいるみたいなんだ。他のヒーローが出てきて、心臓が止まるかと思うような意外な展開があって、ユーモアが炸裂している」

きっとスパイダーマンの参戦によって、マーベル・シネマティック・ユニバースは新たな方向性を見出したに違いない。「コミックを読んでいるみたい」なアメコミ映画って、もしかしてコミックの理想的な映画化なのではなかろうか……。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日全国ロードショー。ほんとに待ちきれないぞ!

 

Source: https://www.comicbookmovie.com/spider-man/homecoming/spider-man-homecoming-first-reactions-are-spectacular-easily-the-best-spider-man-movie-since-spider-man-2-a151978
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly