Menu
(0)

Search

『フッド:ザ・ビギニング』タロン・エジャトン、2つの顔を操る場面写真10枚が到着 ─ これぞ「タロン祭り」いろんな表情に注目

フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

2019年10月18日(金)公開、『キングスマン』シリーズのタロン・エジャトンがロビン・フッド役に挑むアクション映画フッド:ザ・ビギニングより10枚の場面写真が到着した。どの写真にもタロンが登場しているゆえだろう、届けられた資料には「タロン祭り!」との文字が踊っている…!

フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『フッド:ザ・ビギニング』で描かれるのは、従来知られてきたストーリーとは異なり、“伝説のヒーロー、ロビン・フッドはいかにして生まれたのか”という前日譚だ。表の顔は世渡り上手で傲慢な領主、裏の顔は正義を貫く情熱的な盗賊という2つの顔を持ったヒーローが、敵も味方も鮮やかに欺いていく姿がスタイリッシュに描かれている。

このたび到着した場面写真では、そんな二面性を巧みに操るロビン・フッドのさまざまな表情が収められている。十字軍として、遠い異国で勇ましく戦い仲間を助けるたくましい姿、領主としてスタイリッシュな衣装に身を包み、民衆から税金を搾り取る州長官と語り合うかのような姿、そして驚異的な弓の使い手で情熱的な盗賊として弓を射る姿、貧しき者の代弁者“フッド”として民衆の心を掴んでいく姿。本編ではタロンによる演じ分けやアクションに期待したい。

フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

本作で監督を務めたのは、人気ドラマ「ブラック・ミラー」にも参加したオットー・バサースト。ロビン・フッドというキャラクターを、タロンが“自分の内面に潜む不屈の精神を見出す戦士”という、リアルで人間的なキャラクターに作り上げたことについて「誰もが喜んで彼についていきたくなる、素晴らしい魅力とウィットがタロンにはあります。本作のロビンの若さで、驚くべき革命運動を統率するのはすごいこと。そんなことができる人間だと信じさせられる俳優はタロン以外に考えられません」と賞賛のコメントを寄せた。

フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

なお本作には、プロデューサーとして俳優のレオナルド・ディカプリオが参加。ディカプリオの製作会社、アピアン・ウェイのジェニファー・デイヴィソンも、タロンについて「女性に弱いこと、弓矢の達人であること、その両方をタロンは心から信じさせてくれるんです。そして、何をしていても茶目っ気が感じられるんですよ」と称えている。

フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
フッド:ザ・ビギニング
© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly