Menu
(0)

Search

ハルク役マーク・ラファロ、単独映画『ハルク』新作は「絶対にない」 ― マーベル社長は「ないとは言わない」

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)で、『アベンジャーズ』(2012)からブルース・バナー/ハルク役を演じているマーク・ラファロが、ハルクを主人公とした単独映画の新作は「絶対にない」と語った。

これは、2017年7月14~16日(現地時間)に米国で開催されているディズニーのファン・イベント「D23 Expo 2017」の会場での発言だ。2018年公開『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のために登壇したラファロは、ウォーマシン役のドン・チードルとともに米Variety誌のインタビューに応じている。

単独映画『ハルク』が新たに製作される可能性について、ラファロはこう断言している。

「今日、ひとつのことをハッキリさせておきたいんです。単独映画『ハルク』は絶対にないでしょう。ユニバーサル(・ピクチャーズ)が権利を持ってるんですが、どういうわけか、彼らはマーベルとうまくやるコツを知らなくて。金儲けをしたくないんですよ。」

2008年、MCUの第2作『インクレディブル・ハルク』はエドワード・ノートンの主演で製作された。ラファロは同作には出演しておらず、マーベルがディズニーに買収されたのちにハルク役として起用されたのだ。ただし、ハルクの単独映画を製作する権利は現在もユニバーサル・ピクチャーズにあり、ラファロは「話し合いはしているけど、ありそうにないんです」と述べている。

こうした発言を隣で聞いていたチードルは半ば冗談めかしながらこのように話している。

「新しいハルク役の君としては辛いだろうけど、きっとこういうことだよ。たくさん儲かると思えば、会社はうまくやると思う。結局、誰がハルクを演じるのかってことでさ。」

一方でマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、単独映画『ハルク』について「計画はない」としつつも「絶対にないとは言わない」と話している。しかしファイギ社長は未定の事柄について尋ねられた場合、ほとんど「ないとは言わない」とコメントする傾向にある。あまり期待しすぎない方が良いだろうか……。

しかし今回の「絶対にない」発言の後、ラファロは自身のTwitterでこんな投稿をしている。

「ハルクの単独映画はやりたいと思ってます。“ないだろう”というのは、“ない”ということじゃないから。」

ちなみにバラエティ誌の取材で、ラファロは自身がハルクを演じるリミットについて「年を取りすぎた、というところまで残り2, 3年だと考えてます」とも話している。ところがチードルに「もう年を取りすぎてるよ」と言われてしまい……思わず頭を抱えるラファロの姿は映像でぜひご覧いただきたい。

ブルース・バナー/ハルクが存分に活躍する、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より日米同時公開
ひとまず今は、ソー(クリス・ヘムズワース)とのタッグを楽しみにしたいところだ。

Sources: http://variety.com/2017/film/news/hulk-mark-ruffalo-avengers-infinity-war-disney-d23-1202496785/
http://ew.com/movies/2017/07/15/mark-ruffalo-hulk-standalone-never-happen/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=C-Dvi9KzZK8 サムネイル

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly