Menu
(0)

Search

『007』次期ジェームズ・ボンドにイドリス・エルバ推奨説は「すべてデマ」 ─ フークア監督側が完全否定

ダークタワー
『ダークタワー』より。(c) 2017 Columbia Pictures Industries, Inc. and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.

映画『007』シリーズの次期ジェームズ・ボンド役に向け、イドリス・エルバが初の黒人ボンドとして抜擢されるのではとの報道が否定された。

これは、『イコライザー2』(2018)などで知られるアントワーン・フークア監督が、友人である『007』プロデューサー、バーバラ・ブロッコリ氏との談義の中で、ブロッコリ氏が「(白人以外の俳優起用の)時が来た」と感じていると語り、一方のフークア監督も同役にイドリス・エルバを推薦していたというもの。英Daily Starが伝えていた。フークア監督は、「もしトレーニングをしてれば、イドリスはできると思いますよ。体格的に強そうな人じゃないといけませんからね。イドリスにはそれがある」と語ったと報じられていた。

『マグニフィセント・セブン』を撮影するアントワン・フークア監督。
© 2016 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries, Inc., LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.

黒人ボンド実現の可能性は長らく囁かれていたもので、その役にはイドリス・エルバが相応しいとの見立ては以前よりあった。この度のDaily Starによる報道を受け、一部メディアは「イドリス・エルバ、次期ジェームズ・ボンドの最有力候補に再浮上か」と紹介していた。

しかし翌日、アントワーン・フークア監督の代理人が米The Hollywood Reporterを通じてこれを素早く否定。「フークアはバーバラ・ブロッコリと『007』シリーズやその配役について会話しておりません。すべてデマです。なぜこの様な話題が出たのかもわかりません。」

現在のシリーズでジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグは、2019年11月全米公開予定のシリーズ第25作目で引退予定。クレイグ版ボンドのフィナーレ作を撮るのは、『トレインスポッティング』(1996)などのダニー・ボイル。次期ボンド役をめぐっては、今後も玉石混交の様々な情報が聞こえるはずだ。

Source:THR

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly