Menu
(0)

Search

【更新】『インディ・ジョーンズ』第5作、撮影は2020年 ─ ハリソン・フォードが明かす

ハリソン・フォード
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/33374885042

[更新 2019年6月4日11時]

この報道を伝えた米Varietyは記事を訂正し、ハリソン・フォードの「撮影は来週のどこかで始まるはず」という発言は正しいものではなく、「撮影は来年(2020年)のどこかで始まるはず」が正確な内容だったことを明らかにした。ハリソンの言い間違いだったのか、Variety側のミスだったのかは分かっていない。

以下の内容は記事初出時のものだが、訂正された部分が理解しやすくなるよう、該当の部分にのみ訂正線を引いている。なお、スティーブン・スピルバーグ監督が、既報の通り2019年6月から『ウエスト・サイド・ストーリー(邦題未定、原題:West Side Story)』の撮影に入るかどうかは不明。『インディ・ジョーンズ』新作とあわせてスタジオの正式な発表を待ちたい。


スティーブン・スピルバーグ監督、ハリソン・フォード主演『インディ・ジョーンズ』シリーズの第5作(タイトル未定)がまもなく撮影開始となるようだ。米Varietyの取材に対してハリソンが明かした。

2019年6月2日(日曜日・現地時間)、ハリソンは声優を務めたアニメ映画『ペット2』のワールドプレミアに登場。『インディ・ジョーンズ』新作について「撮影は来週のどこかで始まるはず」と述べた。遅くとも、6月中旬にはなんらかの撮影が始められるとみられる。「すごく楽しみにしています。何事も順調ですよ」

『インディ・ジョーンズ』シリーズは、1981年に第1作『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』が製作されたのち、1984年に『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』、1989年に3部作の完結編『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』が公開された。第4作『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』は19年後の2008年に公開。来たる第5作は2021年公開とあって、13年ぶりの新作となる。

スピルバーグによると、本作は「ハリソン・フォード最後の『インディ・ジョーンズ』になる」とのこと。撮影は世界各国で行われることが判明しており、シリーズの原点回帰ともいうべき“世界を股にかける冒険譚”となることが期待される。なお、脚本は『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)のジェイク・カスダンが執筆する。

2019年3月の時点では、スピルバーグは2019年6月から『ウエスト・サイド・ストーリー(邦題未定、原題:West Side Story)』リメイク版の撮影に入るという情報が流れていた。しかし、どうやらスピルバーグは『インディ・ジョーンズ』の撮影を優先したようだ。若いキャストが結集する、2020年12月米国公開予定『ウエスト・サイド・ストーリー』よりも、ハリソンが再びアクションに挑む『インディ・ジョーンズ』を先に撮るべきだという判断があったとも考えられる。いずれにせよ、『ウエスト・サイド・ストーリー』も『インディ・ジョーンズ』も余裕のあるスケジュールで製作が進められることになりそうだ。

ところで本作かぎりでインディアナ・ジョーンズ役を卒業するハリソンだが、2代目インディ俳優の候補を問われると「誰も見たくない」と笑いながらコメントしていた。「僕がインディアナ・ジョーンズだ。僕が引退したら、彼も引退」と。

映画『インディ・ジョーンズ5(仮題)』は2021年7月9日に米国公開予定

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly