Menu
(0)

Search

「ゲーム・オブ・スローンズ」エミリア・クラーク、『アイアンマン3』降板していた ─ 脚本の変更、女性ヴィラン削除と関係か

エミリア・クラーク
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9350837884/

「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)のデナーリス・ターガリエン役、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)で知られるエミリア・クラークが、マーベル・シネマティック・ユニバース作品アイアンマン3』(2013)を降板していたことがわかった。同作の共同脚本を担当したドリュー・ピアースが明かした。

ドリューによれば、2012年に行われた『アイアンマン3』の脚本の読み合わせにエミリアは参加していたとのこと。しかし脚本の変更がなんらかの原因となって、プロジェクトを離れていたようだ。

2012年といえば、まだ「ゲーム・オブ・スローンズ」の第2シーズンが放送されていた時期。『アイアンマン3』への出演が実現していれば、本作はエミリアにとって初めての大作映画になっていただろう(のちにエミリアは、2015年『ターミネーター:新起動/ジェニシス』で大作デビューを果たしている)。

ゲーム・オブ・スローンズ 第八章
「ゲーム・オブ・スローンズ 最終章」The Final Season. View exclusive photos from #GameofThrones Season 8. Photo: Helen Sloan/HBO

『アイアンマン3』脚本の変更とは

『アイアンマン3』で脚本・監督を務めたのは、のちに『ナイスガイズ!』(2016)や『ザ・プレデター』(2018)を手がけることになるシェーン・ブラック。しかし、本作の脚本がマーベルの意向から大幅に変更されたことは一部のファンにはよく知られていることだ。初期の脚本では、ガイ・ピアース演じる悪役アルドリッチ・キリアンの役割を女性のキャラクターが担っていたという。

2016年、米UPROXXのインタビューでシェーン監督は「(製作中に)あらゆる物事が変わりました。プロットもあっちへ行ったりこっちへ行ったりしました」と語っている。

「ステファニー・ショスタク(エレン・ブラント役)やレベッカ・ホール(マヤ・ハンセン役)の出番はもっと多かったんですが、減らしました。公式に言えるのは、『アイアンマン3』の初めの頃の脚本には問題の兆候があったということ。女性のヴィランがいたんです。脚本を書き終えたら、(マーベルから)なんでもありの指摘が来ましたよ。“支持できない、考えが変わった”と。監修の結果、女性ではオモチャが売れないと判断したっていうんです。

そこで、オモチャのために脚本を丸ごと書き換えなきゃいけなくなりました。[中略]初期の脚本では、その女性ヴィランが事実上のキリアンだったんですが、(マーベルは)女性版キリアンを求めなかった。キリアンを男性にしたがったんです。僕は(女性ヴィランの)アイデアを気に入っていたんですよ。全編を女性が引っ張っていくというね。だけど“ダメだ”って。」

『アイアンマン3』のヴィランを男性にするよう要求したのは、ケヴィン・ファイギ社長率いるマーベル・スタジオではなく、マーベル・エンターテインメント本社だったという。むしろ、シェーン監督は「僕はケヴィン・ファイギのファンですよ。正しいことをするケヴィン・ファイギによって決断がなされることを願います」とまで言っているのだ。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly