Menu
(0)

Search

『インデペンデンス・デイ』第3作、エメリッヒ監督が製作に意欲示す ─「1作目との関係がより深いものに」

ローランド・エメリッヒ
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/28502013341/ Remixed by THE RIVER

ローランド・エメリッヒによるディザスター・​スペクタクル・エンターテイメント、『インデペンデンス・デイ』(1996)が公開から25周年を迎えた。これを記念して、Comicbook.comのインタビューにエメリッヒ監督が登場。どうやら、第3作の製作に現在も意欲的なようだ。

ウィル・スミス主演の『インデペンデンス・デイ』は、タイトルにもなっている独立記念日を控えた米国を舞台に、シティ・デストロイヤーという円盤型の宇宙船で襲撃を仕掛けてきた侵略者と、人間たちとの死闘を描いた物語だ。その続編となる『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(2016)では、20年後を舞台に侵略者たちとの新たな戦いが描かれた。

本作の所有権はもともと20世紀フォックスにあったが、同社の買収により現在はウォルト・ディズニー・カンパニーにある。エメリッヒによると、3作目の可能性を握るのは、ディズニーによるストリーミングサービス、Disney+(ディズニープラス)にあるのだという。「彼らは現在、ストリーミングサービスを所有しており、そこでの作品を必要としています。3作目か、ドラマで物語の続きを描きたいと思っています」。

エメリッヒによると、3作目の構想は、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の製作時から存在していたようだ。「3作目は、1作目との関係がより深いものになっています。なぜなら、多かれ少なかれ、外にはたくさんの生き残りが存在していて、残党たちが集まる惑星に住んでいることが明らかになったので。そして、地球にいた宇宙人がそのことを知り、テレパシーかなにかで女王に伝えて、地球に再び現れることになったわけです」。

エメリッヒは現在、多数の待機作を抱えているため、『インディペンデンス・デイ』シリーズに専念はしていないとのこと。またエメリッヒは、ほかの作り手に監督を引き継ぐことについて「誰がやっても構わないです」と前向きな姿勢を示しながらも、「私はこの作品に強い情熱を持っています」と説明している。監督にとって神聖な作品であるため、コンセプトやストーリー次第ということだろう。

Source:Comicbook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly