『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にサノスの部下「ブラック・オーダー」登場か?

『アベンジャーズ』シリーズの第3作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(原題:Avengers: Infinity War)』には、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に登場しながら、未だその活躍を見せていない“最強の”スーパーヴィラン、サノス(ジョシュ・ブローリン)が本格的に登場する。同作は、コミック『インフィニティ・ガントレット』を下敷きに、地球に現れたサノスを、アベンジャーズをはじめとしたマーベル・ヒーローが迎え撃つ……というストーリーになりそうだ。

【噂】映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のあらすじが判明?帝王サノスのラブストーリーか

しかしながら『インフィニティ・ウォー』では、サノスが単独で地球を襲撃することはなさそうである。『キングコング:髑髏島の巨神』でコングのモーション・アクターを務めたテリー・ノタリー氏は、先日、現在『インフィニティ・ウォー』に参加していること、また彼の役どころを少しだけ明かしてくれている。

「(『インフィニティ・ウォー』)で、ジョシュ・ブローリン、あと3人の俳優たちと仕事をしてるんだ。僕が演じるのは、ジョシュの右腕となる悪いヤツだよ。名前は言えないよ、マーベルに首を切られちゃうからさ」

IMDbのテリー氏のページには、『インフィニティ・ウォー』で彼が演じる役は“Cul Obsidian / Groot”(※注:原文そのまま)だと記されている。おそらくテリー氏はグルートのモーション・アクターも担当しているのだろうが、読者の皆さんは前者の“Cul Obsidian”をご存知だろうか?

「ブラック・オーダー」、撮影現場に現る

“Cull Obsidian(カル・オブシディアン)”とは、コミック地球を襲撃したサノスの部下たち「ブラック・オーダー」の別名である。メンバーはコーヴァス・グレイブ、プロキシマ・ミッドナイト、ブラック・ドワーフ、スーパージャイアント、エボニー・マウの5名だ。テリー氏の発言から察するに、『インフィニティ・ウォー』でサノスと行動するキャラクターは4人のようなので、数が合わないところが気になるが……。

今回、『インフィニティ・ウォー』の撮影現場から、この「ブラック・オーダー」のメンバーであるコーヴァス・グレイブと思われるキャラクターの撮影風景が流出している。

注目すべきはその武器で、これはコミックでコーヴァスが持っているものと非常によく似ている。演じている人物がテリー氏がどうかは今ひとつ判断できないが、「ブラック・オーダー」が(少なくともコーヴァスが)映画に登場することはほとんど確定といってもよさそうだ。

一つだけ気にかかるのは、「ブラック・オーダー」はコミック『ニュー・アベンジャーズ Vol.3』#8(2013年刊行)で初登場したチームであり、『インフィニティ・ウォー』のストーリーが下敷きにしているらしい『インフィニティ・ガントレット』(1991年刊行)には登場していないことだ。『インフィニティ・ガントレット』には、サノスの右腕としてメフィストというキャラクターが登場しており、こちらも映画への登場が待ち望まれているヴィランである。映画ではコミックの設定がどのようにアレンジされるのか、そしてメフィストは登場するのか……。きっと、多くのファンが気にしている話題に違いない。

ちなみに、秘密主義が徹底されているという『インフィニティ・ウォー』だが、パパラッチによって、すでに撮影現場の映像がいくつか流出している。ヴィジョン(ポール・ベタニー)の撮影風景と、もうひとつは女性スタントマンのものだ。これはブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)だろうか?


映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日に米国公開予定

Sources: http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/kong-skull-island-kong-actor-sequel-plans-andy-serkis-blessing-982044
http://www.imdb.com/name/nm1024953/
http://www.cosmicbooknews.com/avengers-infinity-war-set-video-reveals-corvus-glaive
http://www.cosmicbooknews.com/avengers-infinity-war-mephisto-or-black-order-may-have-been-cast
Eyecatch Image: http://www.comicsdune.com/2003/09/thanos-comics.html
© Marvel.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。