Menu
(0)

Search

【噂】映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のあらすじが判明?帝王サノスのラブストーリーか

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の節目を飾る『アベンジャーズ』シリーズの次回作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。すでにTHE RIVERではさまざまな情報を取り上げてきたが、肝心の内容は明らかになっていなかった。

しかし撮影開始が迫る中、ついに重要な情報が判明した……かもしれない。このたびLRM ONLINEは『インフィニティ・ウォー』のあらすじを報じている。

【注意】

この記事の内容には噂や憶測が含まれているため、情報の信ぴょう性を保証するものではありません。

物語のベースは『インフィニティ・ガントレット』?

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で鍵を握るのは、やはり闇の帝王サノスのようだ。

LRM ONLINEによると、帝王サノスは死の女神デスへ愛情を示すために、宇宙に散らばった6つのインフィニティ・ストーンを集めることになるようだ。すべて集まるとサノスが身につけているインフィニティ・ガントレットが起動し、サノスはいよいよ恐るべき力を手に入れる。デスの愛を受けるため、サノスは寿命の半分を捨ててまで、デスに十分なエネルギーを与えようとするという。

コミックには『インフィニティ・ウォー』という作品もあるが、今回報じられたストーリーは1991年のコミック『インフィニティ・ガントレット』がベースになっている。しかし『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』しかり『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』しかり、これまでのMCU作品はコミックの名前を借りつつも内容はコミックとは大きく異なった。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』もコミックとはまるで違うストーリーになることだろう。

ちなみに6つのインフィニティ・ストーンのうち、コズミックキューブは『アベンジャーズ』でアスガルドに移り、エーテルは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でコレクター(ベニチオ・デル・トロ)に渡り、オーブは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のザンダー星に保管されており、マインド・ストーンはヴィジョンに埋め込まれている。サノスが本気で集めるとするとヴィジョンがヤバい

死の女神デスはケイト・ブランシェット

ところで気になるのは死の女神デスの存在だ。現時点ではMCUに登場してくる気配もないが、一部のマーベル・ファンはデスを演じるのがケイト・ブランシェットではないかと予想している。

ケイト・ブランシェットは『ソー:ラグナロク(原題)』でヴィランのヘラを演じることが判明している。このヘラという人物、じつは北欧神話では「死を司る女神」として有名だ。すなわち「死の女神」がMCUにふたり登場することはないだろう、混乱を避けるためにヘラとデスは同一人物とされるのではないか、というのが予想の根拠である。またケイト・ブランシェットが『ソー:ラグナロク』だけにしか出ないいうことはなかろう、ともいわれている。

秘密主義のマーベルやディズニーが一切コメントしていない以上、報じられたあらすじがどこまで正しいのかはわからない。しかしあえて信じるとすれば、広がりきったMCUの世界が『インフィニティ・ウォー』で一度まとまることは間違いなさそうだ。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年5月4日全米公開予定。ちなみにコミック『インフィニティ・ガントレット』は邦訳版の単行本が2017年に発売予定だ(小学館集英社プロダクションより)。

source: http://lrmonline.com/news/hot-rumor-could-this-be-the-plot-for-avengers-infinity-war
http://screenrant.com/avengers-3-infinity-war-gauntlet-movie-rumor/

Eyecatch Image:http://marvelcinematicuniverse.wikia.com/wiki/Thanos

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly