DC格闘ゲーム『インジャスティス2』の世界観、魅力と注意点を解説

2017年5月16日に海外でPS4/XboxOne向けに発売されたDCゲーム『インジャスティス2(原題:インジャスティス2)』殺人も厭わず世界を統治・管理するスーパーマンと、それに反対するバットマンに別れて血肉の争いをするという衝撃的な物語です。今作では、前作『インジャスティス』てスタンダードなキャラクター達がいる世界からジャスティスリーグを召喚し、悪に堕ちたスーパーマン達を倒し、宇宙からあらゆる文化と種族を侵攻して収集するブレイニアックが攻め込んでくるところから始まります。

【注意】

この記事には、前作ゲーム『インジャスティス』の内容が含まれています。

ゲーム性が大幅にパワーアップ

昨今の格闘ゲームにはとんと疎いので、他のゲームとの比較はできませんが、前作と比べればとても楽しいゲームになっています。不安があったヒーローの装備を付け替えるシステムには着せ替え的な楽しみがあります。対戦をしなくともマルチバースの設定を活かして、滅びそうになっている平行世界を救うミッションが毎日更新され、設定説明の短いフレーバーが凝っていてニヤリとするものが多いです。

対戦格闘ゲームとしても触ってみたところでは前作にあった不満が概ね解消され、ワンランク上の優れた格闘ゲームになったのは確かです。女性キャラクターのモデリングも前作と比べるとかなり可愛く、キレイになったのも中々に嬉しいものがあります。

前日譚コミックとのリンクも多い

『インジャスティス』では如何にしてスーパーマン達が傲慢なヴィランになっていったのかを描くコミックが長らく連載されています。トム・タイラーのシナリオが平易な英語であっても鬼気迫る悲劇を描ききっており、単体として見てもクオリティが高いのでオススメできます。

このゲームではコミックと”ほぼ”地続きとなっており、グリーンアローとブラックキャナリーが生きていることや、Dr.フェイトに登場いたコンスタンティンが連れていた少女が誰なのかが少しわかりづらくなっているかもしれません。

解説するとブラックキャナリーは『インジャスティス』世界の人間で、スーパーマンと戦って瀕死状態に陥ったのをDr.フェイトによって平行世界に避難させてもらったキャラクター。グリーンアローはその世界で出会ったブラックキャナリーを失ったオリバー・クイーンとなります。コンスタンティンが連れていた少女は彼の実娘であり、高い魔力を持っていたことから魔術ヒーローによってスーパーマン達の手が届かない場所に匿われていました。

コミック要素は随所に見受けられますが、前面に出ることはないのでストレスなくプレイできるでしょう。それにグリーンアロー、ブラックキャナリー、ハーレイクインのトリオを再び見られたのはコミック読者に喜ばしいアピールポイントでもあります。

前日譚コミックが気になる方は『INJUSTICE:Year One、Two』だけでも読んでみましょう。開発時期の関係もあり、ここから持ってきた要素が多いのです。逆に言うと開発時期の問題からそれ以降に関しては矛盾も少しばかり見受けられるので、無理に読む必要も現状は特にありませんが…。

バットマンとスーパーマンが明確に別れを告げる物語

前作の『インジャスティス』にてスーパーマンサイドに付いたのは本人とワンダーウーマン、サイボーグ、ナイトウィング(ダミアン・ウェイン)、グリーン・ランタン、アクアマン、ブラックアダム、シャザム、シネストロ等。概ねスーパーヒーローの全員がスーパーマンに賛同し、世界を力で管理することを選びました。

そして今作では強大な力を持つブレイニアックが侵略に対抗し、平行世界の力を借りずにかつては争った間柄が再び協力して世界を守ることになります。スーパーマンと同郷で新たに物語に参加したスーパーガールを巧みに騙したワンダーウーマンや、スーパーマンを裏切ってヒーローに戻ったフラッシュ、反省して一から鍛え直したグリーン・ランタンといった気になる面々もいます。

宇宙からの侵略者に対して手を組むバットマンとスーパーマン。前作や前日譚コミックではヒーローとしての性質が完全になくなったスーパーマン。バットマン&スーパーマンのワールズ・ファイネストが奇しくも再結成したことで昔の面影を見出すバットマンでしたが、結局は二度と昔に戻れないことを突きつけられることとなりました。

二人を分けたのは「相手を殺すか否か」。ジャスティスリーグのメンバーにもやむを得ないと判断した場合には敵の命を奪うことにある程度の理解を示すヒーローは多くいます。ワンダーウーマンやアクアマンは王族や公的立場があることから一線を越えざるを得ないこともあるという考えを持ってもいますし、グリーン・ランタンは宇宙警察、フラッシュは警察の人間ですので敵を殺すことの必要性に理解を示すシーンもあります。

しかし、正反対のスタンスを持つバットマンとスーパーマンだけは人を殺さないことに強い拘りがあります。前者は両親を亡くしたトラウマから、後者はカンザスで心優しい養親の教育と生来の善性によるものからです。コミックの前日譚でも描かれましたが、ジョーカーを殺しただけならバットマンはスーパーマンを否定していません。ただ「一人を殺すのを良しとしたら歯止めが効かなくなる」と忠告し、スーパーマンが戦争や死を無くそうとする活動を始めても庇ってさえいました。そしてバットマンが危惧したとおり、スーパーマンは徐々に狂い、最終的には市民を虐殺することすら正当化するヴィランになっています。

『インジャスティス2』は、前作にて並行世界の視点から物語が終結したことで描かれなかった「バットマンとスーパーマンは人を殺さない信条を通じて親友関係であり、どちらかが一線を越えたらば戻ることはできなくなる」というのをトコトン掘り下げた作品です。

だからこそ終盤にて過ぎ去った日々を語り合い、もう戻らないと認識して雌雄を決する場面は、非常に胸を打つものとなっています。前作が堕ちた世界が復興する物語ならば今作はバットマンとスーパーマンの物語と言えます。

スーパーマンとワンダーウーマンのファンは注意

前作と同等かそれ以上のクオリティのストーリーだった『インジャスティス2』ですが、プレイする上での障害もあります。それは、今作では「スタンダードな世界のヒーロー」が一切登場しないことです。今作は、あくまでスーパーマンを始めとしたヒーローの多くが悪に堕ちた世界のみが舞台に描かれています。それによって深い描写が行われたのは事実ですが、そもそもこのゲームはいわゆるキャラゲーです。

筆者は前日譚にあたる『INJUSTICE:Year One~five』まで読み、この世界に深い愛着を抱いてますが、それでも『インジャスティス』世界のスーパーマンが本来のスーパーマンより好感度が上になることは絶対にありえません

とは言えスーパーマンは前日譚コミックで心が弱く、傲慢な性格を持っていても、ジョーカーによって妻子が殺されるまではヒーローをやっていましたし、『インジャスティス2』でもヒーローだった頃の姿を垣間見せることがありましたので、平行世界ならではの歪みを抱えたスーパーマンが最悪の形で堕ちた世界と呑み込めなくもないです。

しかし、スーパーマンが『インフィニット・クライシス』に出るスーパーマン・プライムのような平行世界のヴィランと飲み込めてもワンダーウーマンだけは非常に厳しいものがあります。前日譚コミックから彼女だけはヒーローだった様子が一向に見えません。本来の彼女は『インジャスティス』のような事態なら率先してバットマンとスーパーマンの喧嘩を仲裁し、場合によっては自分の理想に基づいて両方と敵対する高潔なヒーローです。

なのに今作では「ロイス達の死を利用してスーパーマンを操り、破滅させた」という後ろ暗い企みをスーパーマンに知られるのを恐れている描写すらある始末。苦境に立つ女性や貧者の精神的解放のために努力するヒーローであるはずのワンダーウーマンがジョーカー、ロイス、生まれなかった子供の死を平然と利用し。自分の目的を邪魔するならば老若男女問わず殺して当然という、まるで最初からヴィランであったかのように描かれています。ある意味で『インジャスティス』の世界とは「スーパーマンが悪に堕ちた」よりも「バットマンとスーパーマンの両方に信頼される稀有な存在であるワンダーウーマンがヴィランだった」というのが実態かもしれませんね。

彼女のモデリングそのものはかなり好みですし操作していて楽しいので筆者はよく使いますが、ちょうど映画公開への予習でワンダーウーマンのコミックを読み耽っていたので「誰だよ、お前」という感情は捨てきれませんでした。ヒーローのワンダーウーマンではなく、この世界の元凶にも相当するワンダーウーマンと名乗る何者かと自分に言い聞かせるのは必須。その上で先入観を捨て去ればジョーカーを利用し、バットマンもスーパーマンも出し抜いてヒーロー達の団結を崩壊に導いた恐るべきヴィランとしての魅力も出る気がします。

要約するとスーパーマンとワンダーウーマンが最も好きなヒーローという方は何を求めてプレイすればいいのかわからなくなりかねないのが『インジャスティス2』の難点ということです。

これらのキャラが好きなら特にオススメ!

ビッグ3の内の2人がヴィランという攻めた作りとなっていますが、本来の良さをしっかり活かしたキャラクターも当然ながら多くいます。

  • バットマン
  • レッドフード
  • ジョーカー
  • フラッシュ
  • キャプテンコールド
  • ゴリラグロッド
  • ブレイニアック
  • グリーンアロー
  • ブラックキャナリー
  • ブラックアダム
  • スーパーガール
  • ブルービートル
  • ハーレイクイン(ヒーロー寄りのアプローチが好きなら)

上記のキャラクターはダークで凄惨な『インジャスティス2』でも本来のパーソナリティに近い描かれ方をされており、とりわけフラッシュとキャプテンコールドとレッドフードは清涼剤としての要素が強く、安心できます。キャラ毎のやりとりも凝っており、接点がないキャラ同士の対戦でも楽しめますよ。

フラッシュは見事にヒーローへ返り咲き、キャプテンコールドはかつてヴィランになって仲間の殺害に加担したフラッシュを憎みきれなくて悪人にも堕ちきれない姿が描かれ、レッドフードは意外にもバットファミリーと和解した時に近い精神状態で参戦しています。

DCコミックファンならばプレイして損はないのが『インジャスティス2』。翻訳されたものですと『レッド・サン』、『ダークナイト・リターンズ』、『キングダム・カム』、『フラッシュポイント』といった本来のDCユニバースとは大きく異なる世界を舞台にしたゲームと考えれば品質の高いものになります。どのキャラクターも操作してて楽しいですし、キャラゲーとは思えないストーリーのクオリティを備えているので、自身を持って推薦できる傑作です。

※ゲーム『インジャスティス2』国内向けの発売は現時点(2017年6月)では未発表です。

INJUSTICE 2 SOFTWARE c 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. DEVELOPED BY NETHERREALM STUDIOS. ALL OTHER TRADEMARKS AND COPYRIGHTS ARE THE PROPERTY OF THEIR RESPECTIVE OWNERS. ALL RIGHTS RESERVED. DC LOGO, AND ALL CHARACTERS, THEIR DISTINCTIVE LIKENESSES, AND RELATED ELEMENTS ARE TRADEMARKS OF DC COMICS c 2017. NETHERREALM STUDIOS LOGO, WB GAMES LOGO, WB SHIELD: ? & c WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. (S17)

About the author

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。

ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。

好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル

好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン)

 

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。