【ネタバレ】アントマン&ワスプは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でどうしていた?出演者がジョークで答える

まさにマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の集大成となった映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)。同作について、『アントマン』(2015)をはじめとする複数のMCU作品でアントマン/スコット・ラング役を演じてきたポール・ラッドとワスプ/ホープ・ヴァン・ダイン役のエヴァンジェリン・リリーが、ある疑問に答えている。

注意

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。すでに作品を鑑賞された方向けの内容となりますのでご注意下さい。なお、このページをSNSにてシェア頂く際は、記事内容に触れないようお願い致します。

アントマン

© Walt Disney – Marvel Studios – Big Talk Productions 写真:ゼータ イメージ


『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、これまでに登場したMCUのヒーローが全集合を果たすと思われていた。しかしホークアイ、そしてアントマンとワスプは同作のプロモーションに姿を見せず、結局本編にも登場していない。ブラック・ウィドウによれば、スコットは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の騒動を受けて司法取引を行い、現在は自宅軟禁状態にあるとのことだったが…。

これについて、台北で行われたプレス向けカンファレンスに登場したワスプ役のエヴァンジェリン・リリーは、私はいましたよ。ただ小さかったんです」と冗談めかして主張。同席していたポール・ラッドも「じゃあ、たぶん僕も小さすぎて見えなかったのかな。今のはジョークに便乗しただけですけどね」と笑顔で答えている。

 

もちろん、2人の言う「小さくて見えなかった」というのはジョークだろう。2人が登場しなかった本当の理由については、過去『インフィニティ・ウォー』の脚本家が意図を明かしている。同作は、登場するヒーローの半数がサノスの手によって消滅してしまうという衝撃的な結末を迎える。アントマンにこの悲劇を経験させないことによって、『アントマン』シリーズが持つ明るいトーンを保ち、『インフィニティ・ウォー』後に製作される『アントマン&ワスプ』(2018年8月31日公開)を作りやすくするというものだ。

ちなみに二人の『インフィニティ・ウォー』不在については出演者の間でもネタ化されており、過去には一部の出演者がアントマンとワスプの安否を案じる動画も公開されている。

映画『アントマン&ワスプ』は、2018年8月31日より日本公開。

『アントマン&ワスプ』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp.html

Source: NCTV

About the author

日々筋トレに励んでいます

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。