Menu
(0)

Search

ベネディクト・カンバーバッチ、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』最大の後悔は「観客の反応を見られなかったこと」

ベネディクト・カンバーバッチ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28059440914/

マーベル・シネマティック・ユニバースのドクター・ストレンジ役でさらなる知名度と人気を博するベネディクト・カンバーバッチが、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)における最大の後悔を語った。あえて「大きな後悔はそれほど多くない」と述べているカンバーバッチにとって一番の後悔は、映画館で観客の反応を見られなかったことだという。

この記事には、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれています。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© Marvel Studios 2018

ベネディクト・カンバーバッチが語る「大作映画の影響力」

UPROXXのインタビューにて、カンバーバッチは「全体を通して一番の後悔は、観客のリアクションを見るために、こっそり映画館へ行けなかったことですよ」と話している。「本当に行きたかったんです、行けたらよかったのに……」と未だにやりきれない思いをにじませるカンバーバッチだが、その背景にはハードなスケジュールの都合があったようだ。

「とっても長いプロモーションのツアーがあって、それから家族が僕を家に連れ帰ってくれたんです。家族と一緒に本当の休日を過ごせて、すごく良かったんですけど。あれ、仕事してたんだっけ? うん、思い出せないですね…。短い休みがあって、それからブレグジットのドラマの仕事に入りました。とにかく、それが全体を通して一番の後悔ですよ。」

カンバーバッチによれば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の共演者たちには、観客の反応を見るために映画館を訪れていた者もいたそうだ。たとえばスパイダーマン役のトム・ホランド、ハルク役のマーク・ラファロがそうだったという。

「マーク・ラファロは子どもたちを連れて行っていました。上映後、映画館から僕たちにFaceTimeを繋いでくれて。子どもの友達が通路を走り回って、“ウソだ、どういうこと!?”って言ってましたよ。まるで、彼をとりまく宇宙が壊されちゃったみたいでしたね。残酷なことだなと思いましたけど、ほんとに楽しかった。つまり、シリーズものの大作映画には、ストーリーにこれほどの影響力があって、これほど理屈抜きの反応が返ってくるんですよ。素晴らしいですよね。」

ちなみに、残念ながら映画館へのお忍びは叶わなかったカンバーバッチだが、ロサンゼルスで開かれたワールドプレミアでは激しい反応の一端を味わうことができたという。会場では自分自身も衝撃を受けたほか、同行していた妻もショック状態になったそうだ。「妻はドクター・ストレンジが大好きなんです。彼が消えちゃって、僕は“死んじゃったね、もうドクター・ストレンジは出てこないよ。終わりだよ”って言いました」。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の結末は、これまでマーベル・シネマティック・ユニバースを熱心に追いかけてきたファンをはじめ、世界中の観客に大きな衝撃をもたらした。『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)で描かれる“その後”の展開をすべて知る者は、まだごく一部の製作陣に限られていると思われる。

「みなさん、映画にすっかり引き込まれましたよね。[中略]まだ物語にこんなことができるなんて、最高じゃないですか? 全部が作りものだってことは、僕たちみんなが知ってます。それでもここまで熱中できるんですよ。本当に素晴らしいと思いますね。」

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは発売中。『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)は2019年5月3日に米国公開予定。

Source: UPROXX

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly