『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』超えの可能性高まる ― 米国初動予測、再び上方修正

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の勢いがさらに加速している。米国オープニング興行収入(編注:公開初週末)ランキングの歴代第1位に座する『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)を超えて、新たな記録を打ち立てる可能性が高まってきたのだ。

米国のアナリストは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のオープニング興行収入予測を再度上方修正。米Box Office Proによれば、本作の米国オープニング興収は2億3,500万~2億5,500万ドルが見込まれるという。まだ確かな状況ではないものの、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が持つ2億4,800万ドルを上回る可能性は非常に高いといっていい。なお、この時点で歴代第2位の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)が持つ2億2,000万ドルは確実に突破する予想だ。


なお、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は米国チケット前売セールスが驚愕のペースで推移している。つい先日は、公開2週間前の時点で、『ブラックパンサー』(2018)から『アントマン』(2015)まで過去7作品の合計売上額をしのぐセールス達成してしまったことが世界を震撼させたばかり。一見どういうことなのかわかりづらいが、7人のヒーローをまとめてぶちのめすヴィランが現れたと考えれば理解しやすいだろう(むろん、こちらもヒーローなのだが)。

Box Office Proは、こうした前売セールスの絶好調ぶりのほか、Twitterでの反応の良さにも着目。公開2週間前の時点で、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の約2.3倍、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)の約1.5倍のリアクションが観測されているという。

 

なお『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のオープニング興収予測は、2018年3月2日から4月15日に至るまで、すでに2度の上方修正が行われたことになる。公開まで2週間を切ったが、ここからさらにセールスの勢いを増していくことすら考えられるだろう。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』超えに、いよいよ期待がかかる……!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source: Box Office Pro

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。