ブルース・バナーとナターシャ・ロマノフは「結ばれない恋人たち」 ― ハルクとブラック・ウィドウの今後、マーク・ラファロが示唆

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、2008年に始まったマーベル・シネマティック・ユニバースの集大成だ。一連の物語がフィナーレを迎えるというストーリーは、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長いわく「すべての伏線を回収する」ものになるという。

2015年『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』以来の地球への帰還となるブルース・バナー/ハルクにも、いまだ解決されていない“物語”がある。スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウとの微妙な恋愛関係だ。来たる「集大成」で、二人の物語はどんな展開を迎えることになるのか……。ハルク役のマーク・ラファロが、言葉少なにその可能性を示唆している。

注意


この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のネタバレが含まれています。

ブルース・バナーとナターシャ・ロマノフは「結ばれない恋人たち」

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』では、物語の随所でナターシャとブルースが少しずつ心を通わせる様子がうかがえた。しかしクライマックスにおいて、ブルース/ハルクは自分の暴走を理由に、クインジェットに乗って「自分の存在が脅威とならない場所」を求めて去っていくのだった。その後、彼が惑星サカールの剣闘士として名声を得たことは『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)で描かれている。

2017年夏、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の撮影現場にて、マークはブルースとナターシャの恋愛関係についてコメントしている。地球に戻ったブルースは、どのように彼女と再会するのか……。

二人は結ばれない恋人たち(star-crossed lovers)です。報われるにせよ、報われないにせよ、彼らは残りの人生を通して向き合っていくと思いますよ。やり直すのか、そうではないのか、すぐに決まるものではないと思うんです。」

ここで示唆されているのは、やはり二人の関係がなんらかの形で続いていること、そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)で、その現在形についての言及があるということだろう。

 

マークのコメントが発されたのと同時期である2017年7月、スカーレットはテレビ番組にて、本作ではブルースとナターシャの関係が「ボロボロになっている」述べていた「どうしてなのかはわからないんですけど、ナターシャはすごくダメージを受けてるんですよ。ブルースとの間に何かがあったんですね。」

二人の関係が今後どのように変わっていくのかはまだわからない。しかし『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、2年間ハルクのままになっていたブルースを人間の姿に戻したのは、偶然再生されたナターシャの映像だったのだ。ブルース/ハルクの中には、まだ間違いなくナターシャへの特別な感情が残されている。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Source: Comicbook.com
Eyecatch Image: [左]CC0 Creative Commons [右]©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。