米スーパーボウル、映画の王者は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ― YouTubeは『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が制す

2018年2月4日(現地時間)に開催された米国最大のスポーツイベント、第52回スーパーボウルの中継では、今年公開される映画の予告編やスポット映像が次々に公開された。その圧倒的な内容と量は、世界中の映画ファンがうれしい悲鳴をあげたほど。では、その「予告編戦争」を制した作品は一体どれだったのか……?

The Hollywood Reporter誌は、第52回スーパーボウルの中継にて公開された映像のうち、オンラインで最も多く再生された作品が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』だったこと、さらに各作品の再生回数や、媒体ごとの傾向を伝えている。

『アベンジャーズ』『ジュラシック・ワールド』強し!

THR誌によると、第52回スーパーボウルに関する予告映像の調査を実施したのは、デジタル市場分析を専門とする米comScore社と、大手事務所の米United Talent Agency。両社はYouTubeとFacebookにおける映像の再生回数と、映像がSNSで話題として取り上げられた回数をデータとしてまとめている(現地時間の5日朝10時までが対象)。

調べによれば、YouTubeとFacebookの合計再生回数、およびSNSで話題に上がった回数でずば抜けた記録を見せたのは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月29日公開)。YouTubeで590万回、Facebookで1,170万回(合計1,760万回)再生されたほか、SNSでは約28万回にわたって言及されている。
次いで再生回数の第2位となったのは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(7月13日公開)だ。こちらはYouTubeで490万回、Facebookで1,100万回(合計1,590万回)再生されたが、SNSでは約45,000回の言及と今ひとつ振るわなかった。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』新映像だらけ、TVスポットが米国で公開!夢の共演、いよいよ始まる

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』米国版新予告編が公開される ― 新たな恐竜、寝室に現る

再生回数で圧倒的な数字を示した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に対して、YouTubeとSNSで驚くべき人気を誇るのが『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)である。
合計の再生回数こそ1,390万回にとどまったが、その内訳はYouTubeの800万回とFacebookの590万回。YouTubeでは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を大きく上回ったわけだが、これは『スター・ウォーズ』ファンがFacebookよりもYouTubeに注目していたことを示しているのだろうか。ちなみにスーパーボウルで公開された映像が「予告編の予告編」だったことは、ファンの“何か言いたくなる”心理を刺激したにちがいない。同作について、SNSでは10万9,000回言及されているのだ(今回の調査では第2位の数字)。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』最速映像、米スーパーボウルで解禁!予告編まもなく公開

また、YouTubeとFacebookで大きなギャップを生むことなく、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』をしのぐ再生回数を誇ったのが『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(8月3日公開)だ。同作はYouTubeで640万回、Facebookで820万回(合計1,460万回)再生された。さらにSNSでは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を超える約53,000回言及されており、人気シリーズ&主演トム・クルーズの貫禄を示したといっていいだろう。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』米国版予告編公開!今回はダーク路線、トム・クルーズ体張りすぎ問題

なお、これらに次ぐ人気を示したのはドウェイン・ジョンソン主演のアクション映画『スカイスクレイパー(原題:Skyscraper)』(日本公開未定)、ジェニファー・ローレンス主演のスパイ・スリラー『レッド・スパロー』(3月30日公開)など。ちなみに今回の調査では、Netflixにて配信開始された『クローバーフィールド パラドックス』の予告編は対象外とされている。

YouTubeとFacebookでの映像再生回数、そしてSNSでの人気。これらの指標で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が圧倒的な数字を示したことは、いかに同作が世界中から注目を集めているか、今年期待されているかを如実に示しているだろう。同じく高い注目を集める『ジュラシック・ワールド/炎の王国』、安定感ある支持をみせた『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』もさすがの存在感だ。
そんな中、若きハン・ソロの活躍を描くというスピンオフ作品で、ほかの作品とは異なる傾向を明らかにした『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は、その内容も注目度も未知の部分が少なくない。『スター・ウォーズ』ゆえに絶大なる人気は確実だが、今回の数字はいったい何を示しているのだろうか?

Source: https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/super-bowl-movie-ads-avengers-infinity-big-winner-1081864

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。