Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』全米チケット前売セールス、わずか6時間で『ブラックパンサー』超えて再び最高記録を達成

日本時間の2018年3月16日夜、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)の本国版予告編映像が公開。夢にまで見たスーパーヒーローたちの共演が生んだ熱狂は、早くも新たな記録を創り上げた。

全米では、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の前売りチケットが16日午前6時(太平洋夏時間)より発売開始。それからわずか6時間で、スーパーヒーロー映画の劇場前売券記録ホルダーの『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)と『ブラックパンサー』(2018)を抜き去り、さらなる記録樹立に至ったというのだ。

今からわずか2ヶ月前の2018年1月、我々はマーベル映画『ブラックパンサー』が打ち立てた記録に驚いたばかりだった。ワカンダの国王は、単独でヒーロー映画史上最高の前売券セールスを記録、過去の映画『アベンジャーズ』や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』すらも超えた脅威が伝えられていたのである。この記録を今一度塗り替えたのは、マーベル映画自身だった。その間、わずか6時間…。まるでサノスが指を鳴らすほどに容易く、自己記録を超えてしまったわけである。

全米最大の映画チケット販売サイトFandangoでは、本作のチケット購入者1,000人を対象にアンケートも行っている。これによれば、94%のファンが『アベンジャーズ』と『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』など、異なるチームの共演に興奮すると回答。『インフィニティ・ウォー』こそマーベル・シネマティック・ユニバースの絶頂であると回答したのは92%で、MCU全作を漏らさず鑑賞済みと回答したファンは87%。ちなみに2018年2月16日に公開されたばかりの『ブラックパンサー』を既に劇場で楽しんだファンは71%で、60%が『ブラックパンサー』によって『インフィニティ・ウォー』がより楽しみになったと回答したという。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が、いよいよ歴史的な現象となってやってくる。2018年4月27日より全国ロードショー

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』公式サイト:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-iw.html

Source:Variety

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly