師弟関係「さらに発展」 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』アイアンマン&スパイダーマンの今後はどうなる

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で初登場したピーター・パーカー/スパイダーマンは、天才科学者トニー・スターク/アイアンマンに見出されて“新人ヒーロー”となった。つづく単独映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)で、ピーターは師匠であるトニーとの師弟関係をさらに築いていく。

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、そうして描き重ねられてきたピーターとトニーの3度目のタッグが実現する。先日公開された第2弾予告編では、トニーとピーターが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのスター・ロード&ドラックスと対面する場面も初めて公開された。
それでは本作において、ピーターとトニーの師弟関係はどう変化するのか? 2017年夏、撮影現場にてアンソニー・ルッソ監督が今後の展開を示唆している。

師匠トニー・スタークと弟子ピーター・パーカー


アンソニー監督が強調しているのは、トニーとピーターの師弟関係を本作でこれまで以上に掘り下げていくということだ。「(トニーと)スパイダーマンには(『スパイダーマン:ホームカミング』で)築いた繋がりがありますからね」と前置きして、監督はこのように述べている。

「(トニーとピーターの関係は)発展していきます。そもそもユニークな師弟関係ですが、この映画ではさらに展開しつづけていきますよ。」

トニー役のロバート・ダウニー・Jr.は、以前ピーターとの関係について「マーベルは気が利いてますよね。“パーカーとスタークはいいぞ”ってことで、(本作でも)二人をできるかぎり近づけようとしています」と話していた。その結果が、予告編にもみられるようなガーディアンズ・オブ・ギャラクシーやドクター・ストレンジとの出会いだといえそうだ。ただしロバートは、トニーがピーターに試練を課す可能性を示唆してもいる。

「自分の監督下でエンジンを全開にしてるヤツがいる時には、彼らを厳しい状況に導く責任もある。それが実り多い結果を生みますから。」

トニーがピーターをさらなる試練にいざなっていくとして、その背景にあるのは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)を経てトニー自身が置かれているシビアな環境だろう。アンソニー監督は、撮影現場でのインタビューでこのようにも語っているのである。

「(『シビル・ウォー』で)トニーはソコヴィア協定に賛成する側につきました。彼はその選択の結果に疲れきって、それでも協定に反対する側のアベンジャーズを率いているんです。それから、現時点で法に反する側の人々も。」

 

米国で刊行されたコミック「Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude」では、アベンジャーズ本部にてトニーが一人で研究に勤しむ様子が描かれている。『シビル・ウォー』でスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカから贈られた携帯電話を眺めつつ、トニーは世界の終わりに備えて、自分一人でも戦えるだけの準備を進めているのだ。その背後に、自身が開発したスパイダーマンの新スーツが見えるのはどこか象徴的だろう。

しかし『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、少なくともトニーはドクター・ストレンジと出会い、ブルース・バナー/ハルクと再会し、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとも対面することになる。そんな中、彼は“唯一の弟子”ピーター・パーカーとどんな関係を築いていくことになるのか……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー
なお『スパイダーマン:ホームカミング』のブルーレイ&DVDは現在発売中だ。

Source: ScreenRant, Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude #1
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。