Menu
(0)

Search

師弟関係「さらに発展」 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』アイアンマン&スパイダーマンの今後はどうなる

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)で初登場したピーター・パーカー/スパイダーマンは、天才科学者トニー・スターク/アイアンマンに見出されて“新人ヒーロー”となった。つづく単独映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)で、ピーターは師匠であるトニーとの師弟関係をさらに築いていく。

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーでは、そうして描き重ねられてきたピーターとトニーの3度目のタッグが実現する。先日公開された第2弾予告編では、トニーとピーターが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのスター・ロード&ドラックスと対面する場面も初めて公開された。
それでは本作において、ピーターとトニーの師弟関係はどう変化するのか? 2017年夏、撮影現場にてアンソニー・ルッソ監督が今後の展開を示唆している。

師匠トニー・スタークと弟子ピーター・パーカー

アンソニー監督が強調しているのは、トニーとピーターの師弟関係を本作でこれまで以上に掘り下げていくということだ。「(トニーと)スパイダーマンには(『スパイダーマン:ホームカミング』で)築いた繋がりがありますからね」と前置きして、監督はこのように述べている。

「(トニーとピーターの関係は)発展していきます。そもそもユニークな師弟関係ですが、この映画ではさらに展開しつづけていきますよ。」

トニー役のロバート・ダウニー・Jr.は、以前ピーターとの関係について「マーベルは気が利いてますよね。“パーカーとスタークはいいぞ”ってことで、(本作でも)二人をできるかぎり近づけようとしています」と話していた。その結果が、予告編にもみられるようなガーディアンズ・オブ・ギャラクシーやドクター・ストレンジとの出会いだといえそうだ。ただしロバートは、トニーがピーターに試練を課す可能性を示唆してもいる。

「自分の監督下でエンジンを全開にしてるヤツがいる時には、彼らを厳しい状況に導く責任もある。それが実り多い結果を生みますから。」

トニーがピーターをさらなる試練にいざなっていくとして、その背景にあるのは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)を経てトニー自身が置かれているシビアな環境だろう。アンソニー監督は、撮影現場でのインタビューでこのようにも語っているのである。

「(『シビル・ウォー』で)トニーはソコヴィア協定に賛成する側につきました。彼はその選択の結果に疲れきって、それでも協定に反対する側のアベンジャーズを率いているんです。それから、現時点で法に反する側の人々も。」

米国で刊行されたコミック「Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude」では、アベンジャーズ本部にてトニーが一人で研究に勤しむ様子が描かれている。『シビル・ウォー』でスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカから贈られた携帯電話を眺めつつ、トニーは世界の終わりに備えて、自分一人でも戦えるだけの準備を進めているのだ。その背後に、自身が開発したスパイダーマンの新スーツが見えるのはどこか象徴的だろう。

しかし『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、少なくともトニーはドクター・ストレンジと出会い、ブルース・バナー/ハルクと再会し、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとも対面することになる。そんな中、彼は“唯一の弟子”ピーター・パーカーとどんな関係を築いていくことになるのか……。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー
なお『スパイダーマン:ホームカミング』のブルーレイ&DVDは現在発売中だ。

Source: ScreenRant, Marvel’s Avengers: Infinity War Prelude #1
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly