Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』なぜアダム・ウォーロックは登場しなかった? ルッソ監督、コミック映画化の信念明かす

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
© 2018 MARVEL

マーベル・コミックのヒーローが揃い踏みし、サノスとの対決を繰り広げる映画アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)には、コミックファンにとっては意外な“欠席者”が存在する。原案となったコミック『インフィニティ・ガントレット』(ShoPro Books刊)で、物語に欠かせない役割を担っているアダム・ウォーロックだ。

米Collider主催の上映イベントに登場したアンソニー&ジョー・ルッソ監督は、ファンからの「どうしてアダム・ウォーロックを登場させなかったんですか? 今後出てくるのか、いずれ重要人物になるのか…」という問いかけに答えている。

「コミックをそのまま映画化したものは観たくない」

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の劇場公開時、脚本家のクリストファー・マルクス&スティーブン・マクフィーリーは、本作にアダム・ウォーロックが登場していない理由を「(登場させるのが)すごく大変だった」から、キャラクターの紹介として「単独映画が必要だと思った」からだと話していた。しかし今回、ジョー監督は異なる切り口でアダム不在の真相を明かしている。

「(ストーリーを考える際)僕たちの手元には、あらかじめ存在するキャラクターと、それからコミックのキャラクターがたくさんいました。僕はコミックのファンとして、数えきれないほど読んだコミックをそのまま解釈したものは観たくないんですね。映画館で、何が起こるのかをしっかり分かっているものは観たくないんです。僕にとって、それは映画を観に行くという体験を台無しにしてしまうものだから。」

ここで監督が明らかにしているのは、意図的にコミック『インフィニティ・ガントレット』とは内容を変更したということだ。アダム・ウォーロックがコミックで重要な存在だからといって、それだけでは映画に登場する理由にならないのである。

「ですから、とあるキャラクターがコミックで担っている物語を、(映画では)別のキャラクターに割り振ることもあります。あるいはコミックからインスピレーションを得ておいて、ストーリーは別物にしてしまう。そういう場合、マーベル・シネマティック・ユニバースで描きたいものにハマらないキャラクターも出てくるんですよ。」

ちなみに2018年5月、米ComicBook.comのインタビューにて、ジョー監督はこのようにも述べていた。

僕たちの仕事はマーベル・シネマティック・ユニバースのストーリーを伝えることで、コミックの映画版を撮ることではありません。僕は映画監督として、すでに語られているストーリーを伝えたり、観たりすることには興味がないんです。
もし映画のストーリーや、そこで起きることをすべて知っているとして、それでも映画を観に行くことに何の意味があるんでしょう? 僕たちは観客を驚かせ続けたいし、『アイアンマン』(2008)で始まった(MCUの)物語を続けていきたいんですよ。」

来たる『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』では、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の“その後”が描かれることになる。本編をご覧になった方ならばご存知のように、ここからの展開は正真正銘コミックファンにも予測不可能だ。アダム・ウォーロック不在という条件を自らに課して、ルッソ監督をはじめとする製作チームはコミックをどのように翻案し、新たな物語を生み出したのか? その全貌が明らかになるのも、すでにそれほど遠くはない。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEXは発売中。『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』は2019年4月26日(金)公開予定。

Sources: Collider, ComicBook.com(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly