Menu
(0)

Search

『ザ・スーサイド・スクワッド』ジェームズ・ガン監督、DC映画製作に今後も意欲的 ─「誰もが予想もしないようなものになる」

ジェームズ・ガン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28557194032/

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンDCコミックスの悪党集団を新たに映画化する、『ザ・ スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』が2021年8月13日に日本上陸する。どうやらガン監督は本作以降も、DC作品を作り続けることに意欲的なようだ。

ふたつのアメコミ・ユニバース作品を手がけてきた監督だが、本人いわく、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ホリデー・スペシャル(原題)』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』 をもってマーベルからは卒業することを検討している模様。DCに関しては『ザ・スーサイド・スクワッド』 のメインキャラクターのひとりである、 ピースメイカーのスピンオフドラマが撮影完了済みで、2022年内に配信が予定されているという状況だ。

その後について確たることは伝えられていないが、Twitterにてファンから「『ピースメイカー』以降の作品として、DCとワーナーとの間で話し合いはなされましたか?」という質問が寄せられたところ、ガン監督は「ありますよ!」と答えている。具体的な内容についてはもちろん伏せられているが、DC作品に関わり続けることに前向きなのは確かといえるだろう。また、米Screen Rantのインタビューでもまた、DC作品に携わり続けることに意欲を示しており、その作品のヒントとして、「誰もが予想もしないようなものになる。それだけは言えます」と説明している。マーベルに革新をもたらした男、次はDCに新風を巻き起こすに違いない。

そんな大きな期待を背負った監督によるはじめてのDC映画、『ザ・スーサイド・スクワッド』はキャラクターもストーリーもアクションも、何から何まですべてがぶっ飛んだ作品。政府に招集された全員終身刑の愛すべきクソやばいヴィランたちが、人類最大の脅威・極秘「怪獣」計画に立ち向かう。たった10年の減刑と引き換えに、いつ誰が死ぬかわからない成功率0%の任務がついに開幕だ!

あわせて読みたい

Source: Screen Rant

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly