Menu
(0)

Search

ジェイミー・フォックス、実娘との関係に基づくコメディドラマに主演 ─ 製作総指揮には娘コリーヌも参加

ジェイミー・フォックス
©John Bauld https://www.flickr.com/photos/themollusk/48693984158/

『ベイビー・ドライバー』(2017)『プロジェクト・パワー』(2020)などで知られるジェイミー・フォックスが、Netflixコメディシリーズ「Dad Stop Embarrassing Me(原題)」で主演・製作総指揮を務めることがわかった。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

「Dad Stop Embarrassing Me」を直訳すると、「お父さん、恥ずかしい思いをさせるのは止めて」。本作は、ジェイミー・フォックスの実娘であり、『海底47m 古代マヤの死の迷宮』(2019)に出演した女優でもあるコリーヌ・フォックスとの関係に触発された作品だ。また、コリーヌ本人も製作総指揮として参加している。思わず笑みが溢れてしまうような内容に期待せずにはいられない。

出演者には父親役を演じるジェイミー・フォックスの他、娘役に『プリズナーズ』(2013)のカイラ・ドリュー・シモンズが参加。その他には、『ジュマンジ』(1995)のデヴィッド・アラン・グリア、「NYボンビー・ガール」(2011-2017)のジョナサン・カイト、「ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル」(2019-)のヴァレンテ・ロドリゲスなどが脇を固めている。

ショーランナーにはジェイミー・フォックスの出世作と知られる、シチュエーション・コメディ「The Jamie Foxx Show(原題)」(1996-2001)のベントリー・カイル・エバンスが就任。全話で監督を務めるのは、米国で社会現象を巻き起こしたシチュエーション・コメディ「The Office(原題)」(2005-2013)のケン・ウィッティンガムだ。

Source: Deadline

Writer

南 侑李
Minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly