Menu
(0)

Search

パティ・ジェンキンス監督、『マイティ・ソー バトルロイヤル』は「マーベル映画史上最高の作品」

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

ワンダーウーマン』シリーズのパティ・ジェンキンス監督が、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)がマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)におけるオールタイム・ベストのひとつとして大絶賛している。

パティ・ジェンキンスといえば、2011年10月に『マイティ・ソー』シリーズ2作目、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013)の監督として起用されていたことでも知られる。しかし、就任発表から2ヶ月後の2011年12月、彼女は「創作上の相違」を理由に同作を降板した。つまり、『マイティ・ソー』シリーズに一度は足を踏み入れていたのだ。

そんなパティ・ジェンキンスが、ポッドキャスト「WTF with Marc Maron Podcast」にて、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の続編、『マイティ・ソー バトルロイヤル』に対する想いを語った。「本当に素晴らしい映画でした」と絶賛すると共に、タイカ・ワイティティ監督の功績を称えている。

「『マイティ・ソー』シリーズに、タイカ(・ワイティティ)が抜擢されたことが心から嬉しかったです。彼は、『マイティ・ソー』シリーズに最も相応しい天才なので。『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、マーベル映画史上最高の作品のひとつで、本当に素晴らしい作品です。この映画は純粋な喜びで溢れており、それが本当に上手く達成されていて…(スーパーヒーロー映画に興味がなくても)問題はないでしょう。タイカは偉大な映画監督であり、彼は本当に素晴らしい映画を作りました。」

ちなみに、パティ・ジェンキンスとタイカ・ワイティティは互いに、『スター・ウォーズ』シリーズの新作を準備中だ。何かと共通点のあるふたりの今後に目が離せない。

Source: Screen RantWTF with Marc Maron Podcast

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly