Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』ジェレミー・レナー8歳の娘、パパがホークアイだと知らない

東京コミコン2018 ジェレミー・レナー
© THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品『アベンジャーズ』(2012)からホークアイ/クリント・バートンを演じ続けてきたジェレミー・レナーは、8歳の娘エイヴァちゃんにパパがスーパーヒーローであることを教えていないのだという。

MCUの新シリーズ「ホークアイ」で次世代に“弓矢”を引き継ぐことになるホークアイ。およそ9年間ホークアイを演じ続けてきたレナーにとってもMCUからの幕引きになる。そんなレナー、MCUラストとあって、ホークアイの衣装を自宅に持ち帰りたいのだという。

トーク番組でこれを語ったレナーには、どうしても衣装が必要なのだとか。レナーによれば、エイヴァちゃんが通う学校から、子どもたちを教室までエスコートする係を依頼されたといい、「どうせやるなら、ホークアイの格好をしてやりたい」と思い立ったのだという。レナーのこの発言には、会場から歓声が湧き上がる。

しかし、司会者のジミー・キンメルから「娘さんはこのことを知ってるんですか?」と訊かれたレナーは、「いえ。娘は僕がホークアイだなんて知らないんじゃないですかね」と返事。「娘は何も知らないんです。“パパ、それ私のパジャマだよ”ってくらいにしか思わないでしょうね」と心なしかちょっぴり寂しそうだ。

さらに、「その年齢くらいから、子どもって、お父さんのことを恥ずかしがり始めますよね」と痛いところを突くキンメル。この投げかけに、レナーは「娘のお迎えに学校に行くと、たくさんの知らない子どもたちから“こんにちは”って言われるんですけどねぇ」と話しながら、「これに娘がどう思っているかは分からないです」と明かした。

ドラマ「ホークアイ」をもってMCUからは一旦離れることになるレナーだが、日常生活でもヒーローであり続けたいのだろう。レナーはホークアイ姿で学校を訪れた時のことを想像しながら、「子どもたちに明るい一日を作ってあげるんです!」と意気込んでいる。エイヴァちゃんの気を悪くしなければ良いけど……。

あわせて読みたい

Source: Jimmy Kimmel Live

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly