『ジャスティス・リーグ』上映時間が判明 ─ DC映画で最短に

バットマンやワンダーウーマンらDCヒーローが集結する超大作『ジャスティス・リーグ』の全米公開を11月17日に控え、今作の上映時間が米劇場の各情報サイトに掲載された。

Regal CinemasAMCのWebサイトが明らかにした所によると、『ジャスティス・リーグ』の上映時間は2時間1分(121分)となり、これまで公開されたDCエクステンデッド・ユニバース作品の中でも最も短い作品となることがわかった。

DCエクステンデッド・ユニバースからはこれまでに4作の映画が公開されており、それぞれの上映時間は降順にすると以下の通り。

DC映画 上映時間

作品名(公開年)

上映時間(分)

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生(2016)

151

マン・オブ・スティール(2013)

143

ワンダーウーマン(2017)

141

スーサイド・スクワッド(2016)

130

ジャスティス・リーグ

121

 

米エンタメ情報サイトのComicbook.comでは劇場に問い合わせた上でこの情報が間違いでないことを確認しているが、同様に米ワーナー・ブラザーズへも確認したところ、現時点での公式解答は得られなかったという。

映画『ジャスティス・リーグ』日本公開は11月23日。

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。