Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』、元は別タイトルだったがキアヌがあちこちでジョン・ウィックと言いまくるから変更されていた

ジョン・ウィック:パラベラム ジャパンプレミア
© THE RIVER

今やキアヌ・リーブスの代表作となった人気アクション・シリーズジョン・ウィックは、実は当初全く異なるタイトルだったという。

『ジョン・ウィック』と聞けば、今では孤独な殺し屋ジョン・ウィックさんのエクストリームな戦いが脳裏に浮かぶ。ところが、このシリーズは元々『Scorn(スコーン)』というタイトルになる予定だったのだ。名付けたのはシリーズの脚本家、デレク・コルスタッド。「タイトルが『ジョン・ウィック』になったのは、キアヌがずっと『ジョン・ウィック』って言い続けていたからなんですよ」Comicbook.comに語っている。

このエピソードは、2014年のシリーズ1作目公開時から語られていたものだ。脚本家のデレクが『スコーン』というタイトルをつけていたものの、キアヌがジョン・ウィックという名前をたいそう気に入り、『ジョン・ウィック』という映画を作っているんだと色んな人に言いまくっていたため、プロデューサーがタイトルを変更した、という記録が残っている。

キアヌがあまりにも『ジョン・ウィック』とあちこちで言うものだから、「マーケティングの人たちが、“こりゃ400〜500万ドルくらいの広告宣伝効果があるぞ”ということで、『スコーン』じゃなく『ジョン・ウィック』になったんです」とデレク。「今となっては、もし『スコーン』だったらというのが想像できません。」

ちなみにジョン・ウィックの名は、実はデレクのおじいちゃんの名前が由来。2014年時点で88歳だったジョン・ウィック(本物)は、「デレクがそんなことをしとると知った時はたまげたが、ワクワクした」とインタビューに答えていた。「こういうタイプのキャラクターにわしの名前が使われて…バイキングみたい」と喜んでいたようだ。

合わせて読みたい

Source:Comicbook.com,Crusader Connection(archive),nbc15.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly