Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』、元は別タイトルだったがキアヌがあちこちでジョン・ウィックと言いまくるから変更されていた

ジョン・ウィック:パラベラム ジャパンプレミア
© THE RIVER

今やキアヌ・リーブスの代表作となった人気アクション・シリーズジョン・ウィックは、実は当初全く異なるタイトルだったという。

『ジョン・ウィック』と聞けば、今では孤独な殺し屋ジョン・ウィックさんのエクストリームな戦いが脳裏に浮かぶ。ところが、このシリーズは元々『Scorn(スコーン)』というタイトルになる予定だったのだ。名付けたのはシリーズの脚本家、デレク・コルスタッド。「タイトルが『ジョン・ウィック』になったのは、キアヌがずっと『ジョン・ウィック』って言い続けていたからなんですよ」Comicbook.comに語っている。

このエピソードは、2014年のシリーズ1作目公開時から語られていたものだ。脚本家のデレクが『スコーン』というタイトルをつけていたものの、キアヌがジョン・ウィックという名前をたいそう気に入り、『ジョン・ウィック』という映画を作っているんだと色んな人に言いまくっていたため、プロデューサーがタイトルを変更した、という記録が残っている。

キアヌがあまりにも『ジョン・ウィック』とあちこちで言うものだから、「マーケティングの人たちが、“こりゃ400〜500万ドルくらいの広告宣伝効果があるぞ”ということで、『スコーン』じゃなく『ジョン・ウィック』になったんです」とデレク。「今となっては、もし『スコーン』だったらというのが想像できません。」

ちなみにジョン・ウィックの名は、実はデレクのおじいちゃんの名前が由来。2014年時点で88歳だったジョン・ウィック(本物)は、「デレクがそんなことをしとると知った時はたまげたが、ワクワクした」とインタビューに答えていた。「こういうタイプのキャラクターにわしの名前が使われて…バイキングみたい」と喜んでいたようだ。

合わせて読みたい

Source:Comicbook.com,Crusader Connection(archive),nbc15.com

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly