Menu
(0)

Search

ジョニー・デップ&アンバー・ハードの離婚裁判に迫るドキュメンタリー「Johnny vs Amber」が米製作へ

Johnny Depp ジョニー・デップ Amber Heard アンバー・ハード
Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Johnny_Depp_Deauville_2019.jpg|Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Amber_Heard_(43723454772).jpg |Remixed by THE RIVER

元夫婦のジョニー・デップとアンバー・ハードに焦点を当てたドキュメンタリー・シリーズ「Johnny vs Amber(原題)」が製作されることがわかった。米Varietyが報じている。

2016年5月、アンバー・ハードは当時の夫であるジョニー・デップから家庭内暴力を受けていたとして、裁判所に離婚調停を申し立てた。同年8月に両者の合意により示談となり、2017年1月に離婚が成立した。しかし、デップは、ハードが暴力をめぐる虚偽の証言をしたとして、5,000万ドルの賠償金を求める名誉毀損訴訟を提起。両者の裁判は現在も係争中で、2022年4月11日に最新の公判が米ヴァージニア州フェアフェックス郡裁判所で予定されている

さらにデップは2018年、英国のタブロイド紙「The Sun」より「妻殴り(wife beater)」と罵られたことに対し、同社を相手取った名誉毀損裁判を起こしていた。2020年11月、デップはイギリス最高裁判所の判決により、The Sunとの裁判において敗訴を言い渡された。後にデップは上訴を提起したが、この申し立ては2021年3月に同裁判所によって棄却されている。

デップとハードを巡る一連の裁判は、進捗があるたびに世界各国のメディアで見出しを飾り、世間の注目を集めた。デップの敗訴は現在も記憶に新しいが、米製作会社Optomenが手掛けるドキュメンタリー「Johnny vs. Amber」では、デップとハードの関係性の崩壊、そして裁判にまで発展した経緯が伝えられる内容になるという。作品は2部構成となり、それぞれジョニー側とハード側の視点から描かれる。

また、作品では、両サイドに携わった弁護士たちへの取材や、デップとハードの両方と親しい人物の証言も含まれるとのこと。デップとアンバー本人によって撮影・録音された映像や音声も使用されるという。2021年秋、米ディスカバリーが有するストリーミングサービス「Discovery Plus」にて配信開始予定。アメリカ以外の海外地域での配信予定は発表されていない。

Source: Variety,Deadline(1,2

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly