Menu
(0)

Search

DC映画『ジョーカー』に『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』の作曲家が参加決定

ジョーカー

“狂気の犯罪王子”ジョーカーの誕生秘話を描く、DC映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』の音楽を『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』(2018)の作曲家ヒルドゥール・グドナドッティルが担当することが決定した。Film Music Reporterが報じている。

グドナドッティルは作曲以外に、チェロ奏者としても活躍している音楽家。『ボーダーライン』(2015)、『レヴェナント:蘇えりし者』(2015)、『メッセージ』(2016)ではチェロ奏者として楽曲に参加していた。大作映画で音楽を担当したのは『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』のみであることから、本作への採用は大抜擢と言えよう。

上予告編映像に使用されている音楽はグドナドッティルが手がけたもの重厚で緊張感のある楽曲は『ジョーカー』の世界観にもマッチしてくれそうだ。

本作で主演を務めるのは、『ザ・マスター』(2012)や『her/世界でひとつの彼女』(2013)などのホアキン・フェニックス。ジョーカーを狂わせるトーク番組の司会者役に名優ロバート・デ・ニーロ、のちにジョーカーとなる青年から興味を寄せられるシングルマザー役に『デッドプール2』(2018)のザジー・ビーツ、そして、ジョーカーの母親役として、ドラマ「シックス・フィート・アンダー」(2001-2005)や映画『ブロークン・フラワーズ』(2005)のフランセス・コンロイの出演も決定している。

『ジョーカー』の詳しいあらすじは現時点では明らかになっていないが、1980年代のゴッサム・シティを舞台にジョーカーの誕生秘話が描かれるそうだ。

映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』は2019年10月4日より米国公開予定

Sources: Film Music Reporter, ComicBookMovie.com

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly