Menu
(0)

Search

実写版『ジャングル・ブック』続編、着々と進行中 ─ 「アニメ版のボツアイデアを取り入れる」脚本家が明かす

ディズニー

人間の少年モーグリとジャングルの動物たちによる冒険を描いた、実写版映画『ジャングル・ブック』(2016)の続編『ジャングル・ブック2(仮題)』の脚本草稿が完成したようだ。その内容には、かつてのアニメ版『ジャングル・ブック』(1967)で却下されたアイデアが多く取り入れられるという。米国時間2018年1月12日にSlashfilmが報じた。

ラドヤード・キップリングによる小説『ジャングル・ブック』を映像化した作品は多数存在するが、1967年に公開されたアニメ版にはこんな逸話がある。脚本家のビル・ピートが、脚本の方向性についてウォルト・ディズニーと意見が折り合わず降板し、クレジットからもピートの名前が消されてしまったというものだ。

だがウォルト・ディズニーが却下したピートのアイデアは、前作より続投して脚本を手掛けるジャスティン・マークスにとってかなり魅力的なものだったよう。脚本草稿の執筆を終えたばかりというマークスは、そのストーリーについて、Slashfilmのインタビューでこう明かしている。

「(実写版)2作目では、ラドヤード・キップリング(編注:『ジャングル・ブック』原作者)が描いた向こう側へと踏み込み、また前作ではみられなかった、ディズニーによる1967年版の要素も取り入れています。1967年版では、ビル・ピートの仕事のいくつかはウォルト・ディズニーによって却下されてしまいました。でもジョン(・ファヴロー監督)と私は、ディズニーがアーカイブしたそれらのアイデアに没頭しました。“おい、これはすごいアイデアだ。これこそが映画に必要だよ”という感じでしたね。そこで、そのアイデアを取り入れたんです。」

今回、具体的にピートのどのようなアイデアが採用されたのかは明らかになっていない。だがピートが脚本に参加した『ピノキオ』(1940)や『シンデレラ』(1950)、『101匹わんちゃん』(1961)といえば、いずれも世代を超えて愛される名作だ。実写版『ジャングル・ブック2』に散りばめられているというピートのアイデアにも期待できるだろう。

映画『ジャングル・ブック2』は、前作に続きジョン・ファヴローが監督を、ジャスティン・マークスが脚本を務める。キャスト情報や公開時期は現在のところ不明だが、続報を楽しみに待つこととしたい。

(文:まだい)

Source: https://screenrant.com/jungle-book-2-animated-movie/
http://www.slashfilm.com/the-jungle-book-2-details/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly