Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』で語られざるアクアマンの背景、サブキャラクターは2018年単独映画のお楽しみに

ジャスティス・リーグ/ アクアマン 1/10 アートスケール スタチュー http://www.mamegyorai.co.jp

ワーナー・ブラザース/DCコミックス作品『ジャスティス・リーグ』は、ザック・スナイダー監督による本撮影ののち、ジョス・ウェドンが再撮影や仕上げを担当したという、非常に稀有なプロセスを経て生まれた映画だ。ワーナー会長の指示により、上映時間が121分とコンパクトに仕上がったことも特筆すべきポイントだろう。

しかし紆余曲折をたどった製作過程と、121分という上映時間の狭間には、やむなく本編での使用を諦められた数々のシーンが存在するようだ。アーサー・カリー/アクアマン役のジェイソン・モモアが、自身にまつわる未公開シーンについて語ってくれた。

アクアマンの物語は単独映画『アクアマン』で!

Entertainment Weeklyに登場したモモアは、ヒーローたちのアンサンブル・プレイである『ジャスティス・リーグ』では、その物語について“ある決断”がなされているのだと強調する。

「(『ジャスティス・リーグ』の)挑戦的なところは、アーサー・カリーの人生をごく一部しか描いていないことですよ。きっと、“彼はどうしてこんなに気難しいの?”、“なぜ身を隠しているんだろう?”って思われるでしょうね。僕たちはすべて綿密に計画していたんですよ。たくさんカットされたということなんです。でも、これは僕の映画ではないですから。」

むろん普通に考えれば、121分という上映時間でヒーローのそれぞれを十二分に掘り下げるのは土台難しい話であろう。したがって本作では、まずはキャラクターの背景よりもヒーローとしての活躍を紡ぎ出すことに重点が置かれたものとみられる。

「この映画は、3人の新キャラクターを登場させる大きな作品なんです。僕と、フラッシュと、サイボーグ。(本編に)入れられなかったものがたくさんありますよ。2本の映画にできたかもしれませんね(編注:当初、本作『ジャスティス・リーグ』は2部作構想だった)。ウィレム・デフォーの場面もあったんです。アトランティスの場面で、僕の役は気乗りしていない王様として描かれていました。でも必要なかったんです、それは『アクアマン』で見られますし。これはアクアマンの映画じゃなくて、ジャスティス・リーグの映画ですよ。」

単独映画『アクアマン(原題:Aquaman)』に、ウィレム・デフォーはアクアマンを支えるドクター・ヴォルコ役で出演している。おそらくザック監督の構想では、そこに先がけて『ジャスティス・リーグ』で顔見せを果たす予定だったのだろう。しかしその出番は、単独映画までお預けとなった格好だ。

あえてキャラクターのバックボーンを単独映画に譲り、ヒーローのアクションと活躍を思う存分見せるという手法は、ジョス・ウェドンが『アベンジャーズ』(2012)でも実践した方法だろう。このたび『ジャスティス・リーグ』ではどんな効果を発揮しているのか、そして描かれなかったアクアマンのバックボーンとはどのようなものだったのか……。『ジャスティス・リーグ』がブルーレイ/DVD化された暁には、特典映像として収録される可能性を期待してもいいかもしれない。

映画『ジャスティス・リーグ』は2017年11月23日より全国ロードショー
なお、単独映画『アクアマン』は2018年12月21日より米国公開予定だ。

Source: http://ew.com/movies/2017/11/20/jason-momoa-defends-justice-league/
Eyecatch Image: ジャスティス・リーグ/ アクアマン 1/10 アートスケール スタチュー
http://www.mamegyorai.co.jp

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly