DC映画『ジャスティス・リーグ』続編始動!脚本作業が進行中、ゴードン本部長役J.K.シモンズが明かす

ワーナー・ブラザース/DCコミックスによる映画『ジャスティス・リーグ』の続編が製作されることになるようだ。本作でゴッサム市警本部長ジェームズ・ゴードンを演じるJ.K.シモンズによると、続編は脚本作業が現在進行しているという。

2016年、本作でシモンズがゴードン役を演じることが判明した直後、彼が筋肉を鍛えていることがわかっていた(Instagramにトレーニングの写真が投稿されていたほどである)。米Total Film誌のインタビューで、シモンズは“筋肉以外の”『ジャスティス・リーグ』の見どころについて尋ねられている。

「えっと…ゴードン本部長はすべてのシーンでトレンチコートを着てるから、鍛えたことがわかるかどうか知りませんよ、特にバットマンの隣に立ってる時はね。さておき、これは数作ある『ジャスティス・リーグ』の第1作なんです、そう願っていますよ。彼ら(ワーナー/DC)は『ザ・バットマン(仮題)』と『ジャスティス・リーグ』続編の脚本を作っているんです。
この映画はゴードン本部長が初めて登場する作品で、私はそれほどいろんなことをしているわけではありません。ゴードン警部補という人物が今後どうなっていくのか、まさに足を踏み入れたという感じですね。」

もともと映画『ジャスティス・リーグ』は合計2部作で構想されていた作品で、第2作は2019年に米国公開予定とアナウンスされていた。しかし2016年12月には、『ザ・バットマン』製作のために第2作の製作延期が報じられ、ひとまず『ジャスティス・リーグ』は単独作品として成立する内容が目指されていたという。
このたび『ジャスティス・リーグ』の劇場公開を直前に控えた今、ワーナー/DCは一度凍結した続編企画を再び動かし始めているようだ。製作は正式に発表されていないものの、すでに脚本作業も始まっているというのである。

ただし2017年9月時点で、DCコミックスのダイアン・ネルソン社長は、ユニバースの今後の方針について「すべてにまたがるストーリーやユニバース内部のつながりを強調することはない」述べていた。『ジャスティス・リーグ』といえば複数のヒーローがクロスオーバーする趣向の企画ゆえ、“作品をつなげない”という新戦略には一見すると相反するように思われるが……はたして、どんな展開が用意されることになるのだろうか?

映画『ジャスティス・リーグ』は2017年11月23日より全国ロードショー。ザック・スナイダー&ジョス・ウェドンという二人のクリエイターのコラボレーションに注目して!

Sources: Total Film December 2017
http://screenrant.com/justice-league-2-sequel-script-update/
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。