Menu
(0)

Search

トム・ホランド、MCU版『スパイダーマン』トリオの馴れ初めを描く短編映画を希望 ─ 「ピーターとネッドはいじめられていたはず」

スパイダーマン:ホームカミング
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)版『スパイダーマン』シリーズに主演するトム・ホランドが、スパイダーマン/ピーター・パーカーにとって欠かせない存在であるMJとネッドとの友情を、さらに掘り下げる前日譚短編映画を希望している。

ホランドのスパイダーマンは、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)でMCUに初登場を果たしたが、ゼンデイヤ演じるMJとジェイコブ・バタロンふんするネッドは、単独シリーズ第1作『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)まで紹介されなかった。シリーズを重ねるにつれて3人の友情に変化が起きているが、MCU版シリーズでは3人がどのように出会ったのか、その馴れ初めについて今のところ説明はない。

ディズニープラス(Disney+)では、ピーター・パーカーが“MCU版スパイダーマンになるまで”を追う新アニメ「Spider-Man: Freshman Year(原題)」の企画が進行しているため、こちらのシリーズで3人の出会いに言及する可能性もありそうだ。だが、米Nerdistの取材に応じたホランドは、3人が小学校で出会った経緯を前日譚短編映画で描きたいと語っている。

「(ピーターとネッド、MJが)どのように初めて出会ったのか子役俳優を起用して、ちょっとした短編映画を作りたいです。多分、(ピーターとネッドは)学校でいじめられていて、MJが割って入って救い出すというような内容です。それを観たら、“そうか!そうやって彼らは友達になったんだね!”って思うのではないでしょうか。その反応は分からないので、視聴者の解釈次第だと思いますが」

そのホランドのアイディアに反応したゼンデイヤは、「私の頭の中では、3人はお互いを幼稚園の頃から知っています」とコメント。またホランドは、「6~7歳の子役がピーターたちを演じたら最高に可愛いと思う」とも付け加えていた。

ピーターとMJ、ネッドの出会いを描く前日譚短編映画の実現を願いたいところだが、まずは「Spider-Man: Freshman Year」に期待したい。

Source:Nerdist

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly