Menu
(0)

Search

『キングスマン』新作映画、「7本ほど」企画中 ─ 映画続編&ドラマ版など同時進行で

キングスマン:ゴールデン・サークル
© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

人気のスパイアクション映画キングスマンシリーズに、約7本の新作映画が企画されていることがわかった。Winston Baker UK Finance Summitにて、製作会社Marvのジジ・カマサCEOが語った。米Deadlineが報じている。

コリン・ファースタロン・エジャトンを主演に迎え、同名コミックを映画化した『キングスマン』シリーズは、第1作が2014年に、第2作『キングスマン:ゴールデン・サークル』が2017年に製作された。登場人物を一新した前日譚映画『キングスマン:ファースト・エージェント』は、新型コロナウイルスの影響を受けて公開延期となり、2021年2月11日に日本公開予定だ。

カマサ氏によると、『キングスマン』シリーズの脚本・監督を務めるマシュー・ヴォーンは「シリーズの映画を7本ほど」準備しているとのこと。Marv社は先日も言及された『キングスマン』ドラマ版のほか、『キングスマン』に次ぐ新たなシリーズ作品を2~3本進行しており、「ビジネスと活動を成長させていきたい」との意向から、さらなる拡大戦略に打って出る。

『キングスマン:ファースト・エージェント』を経て、本シリーズはコリン&タロンの物語に再び回帰する『キングスマン3(仮題)』のほか、前述のドラマ版を控えている。以前は『ゴールデン・サークル』でチャニング・テイタムが演じたテキーラをはじめとするステイツマンのスピンオフ企画も伝えられていたが、これも「7本ほど」の新作映画に含まれるということだろうか。

なおMarv社は『キングスマン』シリーズのほか、タロン・エジャトン主演の伝記映画『テトリス:ザ・ムービー(原題:Tetris: The Movie)』、マシュー・ヴォーン初のドラマ作品「Day 1’s(原題)」も進行中だ。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly