Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編を要求していたあの二人、本当にプレミアに招待される

アイツら、やりやがった!

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編映像公開が待ちきれず、マーベル・スタジオを相手取って早期公開を求める(パロディの)抗議動画を公開していた、パリ在住のカーク・デヴィーク氏とジュリアン・キールマークラッジ氏の二人を覚えているだろうか。

このカーク氏とジュリアン氏は、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』予告編動画の早期公開を訴え、2017年10月7日よりメッセージ・ビデオの連続投稿を開始。マーベル・スタジオ製作社長らに対し、「DAY8」の公開までに『アベンジャーズ』予告編動画を解禁すること、および同作のプレミア・イベントへの招待を要求していた。(記事まとめ

一連の動画はTwitterでファンを中心に反響を呼び、「DAY3」動画内では当メディアTHE RIVERへの言及も行ってくれていた。

動画内で「俺たちを『インフィニティ・ウォー』のワールド・プレミアに招待しろ!」と根気強く訴えていたカーク氏とジュリアン氏。現地時間2018年4月23日、ついにそのプレミアが開催されたロサンゼルスの地には、なんとカーク氏とジュリアン氏の姿があった。

「俺たちは怒ってる!」「怒ってる!」

「プレミアに招待されなかった!」「プレミアに!」

「すごく行きたかったのに、呼んでもらえなかった!」「そうだ!」

「みんなも頑張ってくれたのに!」「そうだ!」

「あんなに…」

お馴染みの怒りのメッセージを訴える二人。ところが奥の白幕がはがされると、そこには『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のパネルが…。

なんちゃって!来ちゃったぜ!『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のプレミアだ!呼ばれちゃった!ついに来たぞ!プレミアに来れたんだ!レッツゴー!レッツゴー!」

その想いは遠く離れたパリの地から、海を超えてハリウッドのレッドカーペットへ…。カーク氏とジュリアン氏こそ、誰よりもこのプレミアに招待されるべきスーパーファンに違いなかった。晴れて現地を訪れることができたカーク氏は、なんとレジェンドのスタン・リーとのツーショット撮影にも成功。マーベルが、彼の夢と憧れを叶えてくれた瞬間であった。

カーク、夢は叶うんだね!Marvel Fans United!

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly