『スパイダーマン』MJ役キルスティン・ダンスト、今度はリブートを猛批判「お金のために利用している」

気にしてないって言ってたじゃないの!

サム・ライミ監督、トビー・マグワイア主演による『スパイダーマン』3部作でヒロインの“MJ”メアリー・ジェーン役を演じたキルスティン・ダンストが、今度はソニー・ピクチャーズによるリブート版を厳しく批判している。

キルスティンは先日のインタビューで、2度にわたる『スパイダーマン』のリブートを「気にしてませんよ」と述べ、「(スパイダーマンが)大好きなんです。『4』の制作も望んでいました」とその意思を語ったばかり。どういう心境の変化があったのか、それともスパイダーマンへの愛情が彼女をそうさせるのか……。

 

『スパイダーマン』MJ役キルスティン・ダンスト「初代シリーズが大好きだった」幻の『スパイダーマン4』への想いを吐露

スパイダーマンを「お金のために利用しているだけ」

サム・ライミ版『スパイダーマン』が第3作で終了したあと、ソニー・ピクチャーズは2012年にマーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演で新シリーズ『アメイジング・スパイダーマン』をスタートさせた。しかし同シリーズはわずか2作で終了し、いよいよ今年(2017年)、2度目のリブートとなる単独映画『スパイダーマン:ホームカミング』が公開される。トム・ホランド主演による今回のスパイダーマンが従来と決定的に異なるのは、本作がマーベル・シネマティック・ユニバースに正式参入していることだ。

しかしキルスティンは、こうしたソニーの動きをいささか批判的に見つめているようである。マリ・クレール誌のインタビューで、リブート版について彼女はこう話したという。

「私たちの(編注:サム・ライミ版)が最高でしょう。だから気にしませんよ、“作りたいものを作ってるんですね”って感じで。でも彼ら(ソニー)はお金のために利用してるだけ、それは明らかですよね。私が言ってること、わかるでしょう」

サム・ライミ版に主演したトビー・マグワイア、そして『アメイジング~』のアンドリュー・ガーフィールドが新スパイダーマンに好意的な感想を寄せるなか、かつてのヒロインがリブートを真正面から批判するのは驚きだ。それほどサム・ライミ版や『スパイダーマン』という作品に思い入れが強いのだろうか。

サム・ライミ版、『アメイジング・スパイダーマン』を心から楽しみ、今度の『スパイダーマン:ホームカミング』にも期待を寄せるファンとしては、こうしたキルスティンの反応は少し寂しくもある。こうなったら『ホームカミング』が大傑作であること、そしてファンも過去の出演者もみんながハッピーになれるリブートになっていることを祈るしかなさそうだ。キルスティン、お願いだから『ホームカミング』は観てよね……。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』は2017年8月11日公開。ちなみに7月5日には、サム・ライミ版の3部作が『スパイダーマン トリロジー ブルーレイ コンプリートBOX』として装い新たに発売される。もちろんこちらも要チェック!

Source: http://comicbook.com/2017/06/01/kirsten-dunst-criticizes-sonys-new-spider-man-reboot/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/Spider-Man-2/dp/B00D1VJCOA/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。