『最後のジェダイ』ライアン・ジョンソン新作、『シェイプ・オブ・ウォーター』マイケル・シャノンや『デスノート』L役俳優が出演へ

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)を手がけたライアン・ジョンソン監督の新作映画『Knives Out(原題)』に強力な出演者が次々と集結している。米DeadlineVarietyが報じた。

報道によると、新たに『Knives Out』に加わるのは、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)や『ノクターナル・アニマルズ』(2016)、『マン・オブ・スティール』(2013)などのマイケル・シャノン、『ゲット・アウト』(2017)やNetflixによるハリウッド実写映画『Death Note/デスノート』(2017)のL役で知られるキース・スタンフィールド。なおシャノンは出演交渉段階だという。

マイケル・シャノン キース・スタンフィールド

[左]Photo by Gordon Correll https://www.flickr.com/photos/gdcgraphics/32205688420/ [右]Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35332960293/ Remixed by THE RIVER

『Knives Out』は推理作家アガサ・クリスティの熱心な読者だというライアン・ジョンソンが脚本・監督を兼任する「現代を舞台とする、クラシックなフーダニット(犯人の解明が重視されるミステリ)」。すでに脚本は完成しており、撮影は2018年11月から始まる見込みだ。

主演を務めるのは『007』シリーズの6代目ジェームズ・ボンドとして知られるダニエル・クレイグで、密室殺人事件を追う探偵を演じる。スタンフィールドも同じく探偵役を演じるとのことだ。また本作には、『アベンジャーズ』シリーズなどのマーベル・シネマティック・ユニバース作品でキャプテン・アメリカ役を演じてきたクリス・エヴァンス出演。エヴァンス、シャノンの役どころは明らかになっていない。

これまでライアン・ジョンソン監督作品には、常に強力な出演者が顔を揃えてきた。長編第2作の『ブラザーズ・ブルーム』(2009)にはエイドリアン・ブロディ、マーク・ラファロ、レイチェル・ワイズ。第3作『LOOPER/ルーパー』(2012)には盟友ジョゼフ・ゴードン=レヴィットのほか、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラントが出演し、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』には、シリーズを支える強力な布陣に加え、新キャストとしてベニチオ・デル・トロを起用している。次回作にも目を見張るメンバーが揃いつつあるのは、監督のパートナーであるプロデューサー、ラム・バーグマンの力量も大きいだろう。

 

ちなみにキース・スタンフィールドは、日本ではまだ知名度が高くないものの、映画『ショート・ターム』(2013)や『グローリー/明日への行進』(2014)、『ストレイト・アウタ・コンプトン』(2015)、『スノーデン』(2016)、ドナルド・グローバーによるドラマ「アトランタ」(2016-)など数々の映画に出演。主演映画『Sorry to Bother You(原題)』(2018)が高く評価されたほか、『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)の続編である『蜘蛛の巣を払う女』(2019年日本公開)など出演作品の公開を多数控えている、現在最注目の俳優だ。

映画『Knives Out(原題)』の劇場公開時期は不明。

Sources: Deadline, Variety
Eyecatch Image: [左]Photo by Gordon Correll [右]Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。