Menu
(0)

Search

『ナイブズ・アウト』事件の始まりに迫るスポット映像 ─ 富豪作家の死は自殺か他殺か、ダニエル・クレイグ&クリス・エヴァンス出演

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
Motion Picture Artwork © 2019 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)ライアン・ジョンソン監督最新作、『007』ダニエル・クレイグ&『アベンジャーズ』クリス・エヴァンスら出演のミステリー映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』が2020年1月31日(金)に公開される。このたび、謎の死を遂げた富豪作家ハーランに迫ったスポット映像が到着した。

NYの豪邸にて、世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビー(クリストファー・プラマー)の85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし翌朝、ハーランは遺体で発見される。容疑者は、パーティーに参加していた資産家の家族や看護師、家政婦ら屋敷にいた全員。匿名の人物から事件の調査依頼を受けた名探偵ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)は、家族のもつれた謎を解き明かし、事件の真相に迫っていく。犯人は誰なのか、巨額の遺産は誰の手に…?

今回のスポット映像では、ハーランの誕生日に娘や息子一家が屋敷に集まる様子が映し出されている。「父は筆一本で、誰もが知るミステリー作家に」と紹介するのは次男のウォルト(マイケル・シャノン)だ。作家として成功し、一代で財産を築いたハーランだったが、85歳の誕生日会が行われた夜、書斎で死亡する。死因は自殺として事態は収束したかと思われたが、家族の前に名探偵ブランが現れた。

なぜ、今さら探偵が……。戸惑う家族を前に、ブランは「殺しの匂いがします」と告げる。仲良しに見えた大家族の裏側には、義理の娘ジョニ(トニ・コレット)への援助の打ち切り、父の出版会社を手伝っていたウォルトへの解雇通告、長女の夫リチャード(ドン・ジョンソン)の浮気など、ハーランと家族のメンバーの確執が見え隠れするのだった。ハーランの孫たち、家政婦や看護婦まで、第一容疑者は屋敷にいた全員。放蕩息子ランサム(クリス・エヴァンス)は「大胆な推理だな」とブランに挑戦的だが、探偵は「全員まっくろだ」と疑惑を確信していた。

本作は米国で公開されるや大ヒットを記録、作品のクオリティにも観客・批評家のみならず俳優や映画監督たちから絶賛が寄せられた。なお、第77回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ミュージカル・コメディ部門)・主演男優賞(ダニエル・クレイグ)・主演女優賞(アナ・デ・アルマス)の3部門にノミネートされている。

映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、 2020年1月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly