Menu
(0)

Search

『ラ・ラ・ランド』極上ミュージカルを彩る出演者たち ─ ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンドほか

ラ・ラ・ランド
La La Land © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

デイミアン・チャゼル監督によるミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』(2017)は、監督自身による卓越したシナリオと演出、ジャスティン・ハーウィッツの作曲によるミュージカル・ナンバーによって絶大なる評価を獲得、映画賞でもすぐれた成果を残した。

しかしながら本作の肝は、歌い、踊り、そしてせりふの積み重ねによって主人公の二人に複雑さと奥行きをもたらしたライアン・ゴズリングエマ・ストーンというタッグにもあった。もちろん、二人を取りまく人々の存在感も決して忘れてはならない。本記事では『ラ・ラ・ランド』という極上のミュージカルに細部まで血を通わせた出演者たちを、それぞれの役どころとともにご紹介したい。

ラ・ラ・ランド
La La Land © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.Photo courtesy of Lionsgate.

『ラ・ラ・ランド』登場人物と出演者たち

ライアン・ゴズリング(セバスチャン・“セブ”・ワイルダー役)

ラ・ラ・ランド
La La Land © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『ラ・ラ・ランド』の主人公のひとり、ジャズに焦がれ、同時にその行く末を憂いながらも自身の店を構えたいと夢見るピアニストのセブを演じるのは、いまや映画ファンには説明不要の人気俳優ライアン・ゴズリングだ。

1980年生まれ、1993年から子役としてキャリアをスタートさせたライアンが大きな注目を浴びたのは、レイチェル・マクアダムス共演の恋愛映画『きみに読む物語』(2004)。その後は『ハーフネルソン』(2006)や『ラースと、その彼女』(2007)、『ブルーバレンタイン』(2010)などで高い評価を獲得。『ドライヴ』(2011)や『オンリー・ゴッド』(2013)などのスリラー/犯罪映画にも数多く出演した。

キャリアを通じて、ライアンはロマンティック・コメディからダークなSFドラマまで作品の規模やジャンルを問わず実力を発揮。近年は『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)や『ナイスガイズ!』(2016)、『ブレードランナー 2049』(2017)などに出演した。2014年には監督デビュー作『ロスト・リバー』(2014)を発表、第2作を準備中とも報じられている。最新作は『ラ・ラ・ランド』デイミアン・チャゼル監督と再びタッグを組んだ『ファースト・マン』(2019年2月8日公開)。

エマ・ストーン(ミア・ドーラン役)

エマ・ストーン
Photo by MarinSD https://www.flickr.com/photos/marinsd/30116702121

『ラ・ラ・ランド』もうひとりの主人公は、いつかスター女優になることを夢見ながら撮影所のカフェで働くミア。演じるエマ・ストーンは1988年生まれで、2004年にテレビドラマで活動を開始した。

エマの映画デビュー作は、青春コメディの傑作として愛される『スーパーバッド 童貞ボーイズ』(2007)。その後も『ゾンビランド』(2009)や『小悪魔はなぜモテる?!』(2010)などコメディ映画を中心に活躍したエマにとって、大きな転機は『アメイジング・スパイダーマン』(2012)への出演だった。エマは知名度を大きく伸ばし、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014)で多くの映画賞にノミネート。『ラ・ラ・ランド』ではアカデミー賞主演女優賞などを射止め、『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(2017)の演技も高く評価された。

近作には久々のドラマ出演となった「マニアック」(2018)があるほか、『女王陛下のお気に入り』(2019年2月15日公開)ではアカデミー賞助演女優賞へのノミネートされた。いまやオスカー常連となった感もあるが、次回作は10年前に出演したゾンビ・コメディの続編『ゾンビランド:ダブルタップ(原題:Zombieland: Double Tap)』。作品の選び方も厚い支持の理由かも…?

ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン

ラ・ラ・ランド
La La Land © 2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

『ラ・ラ・ランド』に欠かせない組み合わせであるライアン・ゴズリング&エマ・ストーンは、実は本作が3度目の共演となる。1度目はロマンティック・コメディ映画『ラブ・アゲイン』(2011)で、2度目は犯罪映画『L.A. ギャング ストーリー』(2013)だ。

それぞれ異なるジャンルながらも『ラ・ラ・ランド』を含めて共通するのは、すべての作品で二人は恋愛やそれ以前の関係性を演じ、それぞれに酸いも甘いも演じ分けてきたところ。二人にとってミュージカル映画は新境地となったが、“歌わない”シーンの繊細さと切実さもまた本作の白眉。ライアン&エマによる演技の妙をじっくりと堪能してほしい。

ジョン・レジェンド(キース役)

ジョン・レジェンド
Photo by Sachyn Mital https://commons.wikimedia.org/wiki/File:John_Legend_by_Sachyn_Mital.jpg

セブの旧友にして物語のキーパーソンであるキースを演じるのは、人気・実力ともにトップのR&Bアーティスト、ジョン・レジェンドだ。1978年生まれのジョンは2000年に活動を開始し、2006年のグラミー賞で最優秀新人賞と最優秀R&Bアルバム賞、最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞を受賞、その他5部門にもノミネートされている。その後、ジョンは2007年・2009年・2011年・2016年にもグラミー賞に輝いてきた。最新アルバムは2018年10月にリリースされた「A Legendary Christmas」。

ジョンは歌手活動だけでなく俳優業にも積極的に挑んでおり、『ラ・ラ・ランド』以外にも『ソウルメン』(2008)やドラマ「マスター・オブ・ゼロ」シーズン2(2017)に出演、ロックオペラ「ジーザス・クライスト=スーパースター ライブ・イン・コンサート」(2018)では主演・製作を兼任して高い評価を受けた。なお『グローリー/明日への行進』(2014)には、人気ラッパーのコモンとコラボレーションした主題歌「Glory」を提供し、アカデミー賞・ゴールデングローブ賞にて主題歌賞を受賞している。

J・K・シモンズ(ビル役)

J・K・シモンズ
Photo by ABC/Image Group LA https://www.flickr.com/photos/disneyabc/21147400500/

セブが働くレストランのオーナーとして登場するのは、デイミアン・チャゼル監督の前作『セッション』(2014)でキャリア屈指の迫力をもって鬼コーチを演じたJ・K・シモンズ。短い出番ながら、本作でも確かな存在感を発揮している。

1955年生まれのシモンズは1986年から俳優としてのキャリアをスタートさせ、ドラマ「ロー&オーダー」(1994-2010)のエミール・スコダ博士役で知られる。映画ではサム・ライミ監督による『スパイダーマン』3部作で人気キャラクターのJ・ジョナ・ジェイムソンを演じたほか、『JUNO/ジュノ』(2007)や『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(2015)、『ザ・コンサルタント』(2016)、『ジャスティス・リーグ』(2017)などに出演した。近作にはヒュー・ジャックマン主演『フロントランナー』(2018)、主演ドラマ「カウンターパート/暗躍する分身」(2017-、WOWOWで2019年2月より日本放送)などがある。

ソノヤ・ミズノ、ジェシカ・ロース、キャリー・フェルナンデス(ルームメイトたち)

最後にご紹介したいのは、エマ・ストーン演じるミアのルームメイトを演じている3人の女優だ。驚くべきことに――『ラ・ラ・ランド』本編にも通じるように思われるが――いまや3人とも映画界で未来を期待される注目の新鋭となりつつある。

映画前半に登場する「Someone in the Crowd」のシーンで黄色いドレスに身を包んでいるケイトリン役を演じているのは、日系人女優のソノヤ・ミズノ。東京生まれのイギリス育ちで、父親は日本人、母親はイギリスとアルゼンチンのハーフだという。

ソノヤは『ラ・ラ・ランド』以前に『エクス・マキナ』(2014)に出演しているほか、実写映画版『美女と野獣』(2017)やNetflixオリジナル映画『アナイアレイション -全滅領域-』(2018)、米国で大ヒットとなった『クレイジー・リッチ!』(2018)といった話題作に出演。エマ・ストーンとはドラマ「マニアック」でも共演している。次回作は『エクス・マキナ』『アナイアレイション -全滅領域-』のアレックス・ガーランド監督が脚本・監督・製作を務めるドラマ「Devs(原題)」で、なんと主演に抜擢された。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🙏🏼 Thank you so so much @voguejapan🙏🏼

Sonoya Mizunoさん(@sonoya)がシェアした投稿 –

緑のドレスを着ているアレクシス役を演じたジェシカ・ロースは、『ラ・ラ・ランド』以降、今まさにキャリアを飛躍させようとしている新鋭だ。ダコタ・ファニング主演『500ページの夢の束』(2017)や主演映画『Forever My Girl(原題)』(2018)のほか、注目すべきは全米で大ヒットしたホラー映画『ハッピー・デス・デイ(邦題未定、原題: Happy Death Day)』(2017)、続編『ハッピー・デス・デイ・トゥー・ユー(邦題未定、原題:Happy Death Day 2U)』(2019)に出演したこと。自分が殺される運命を変えるまで同じ一日を繰り返すという地獄のタイムループ・ホラーで人気を獲得し、さらなる活躍が期待されている。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Let your voice be heard! Get out there and VOTE 🗳😊👍 #vote #represent #midterms #letyourvoicebeheard

Jessica Rotheさん(@jessica_rothe)がシェアした投稿 –

そして、赤いドレス姿のトレイシー役を演じているのはキャリー・フェルナンデス。『ラ・ラ・ランド』以外には『ブレア・ウィッチ』(2016)で準主役を務め、各国の映画祭で話題を呼んだSFスリラー『アルカディア』(2017)でも主要人物のひとりを演じた。また『エイリアン:コヴェナント』(2017)にも出演したほか、アンドリュー・ガーフィールド主演『アンダー・ザ・シルバーレイク』(2018)には主人公の追う謎のカギを握っているキーパーソン役で登場している。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

This also in @marieclairemag for #aliencovenant

Callie Hernandezさん(@calliehernandez)がシェアした投稿 –

映画『ラ・ラ・ランド』Blu-ray&DVDは発売中

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly