シュリ役レティーシャ・ライト、ブラックパンサー襲名に意欲 ― コミックと同一の展開、実現なるか

マーベル・シネマティック・ユニバース作品、映画『ブラックパンサー』(2018)や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でティ・チャラの妹シュリを演じたレティーシャ・ライトが、ワカンダ国王が務めるブラックパンサーの“襲名”に意欲を見せた。

コミックにおいて、シュリは重傷を負ったティ・チャラの跡を継いでワカンダ国王に就任し、ブラックパンサーとして活躍するストーリーが存在する。映画ファンから早くも熱い支持を集める天才科学者シュリが、いずれスクリーンでもヒーローとして活躍する展開はやってくるのだろうか。

MCM London Comic Conに登場したレティーシャは、すでにその意欲を熱く語っている。

「もしそんな機会がやってくるとして、やらない理由なんてあるでしょうか…? コミックに忠実な展開になるってことでしょうね。うん、すごく良いと思います。(ブラックパンサーになるということは)もっと訓練して、もっと学んで、最高の冒険に出るってことですもんね。コミックのシュリは激しい人物になっています。コミカルで楽しくて子どもっぽいキャラクターが、カギ爪を飛び出させるようになる。ワクワクしますね。」

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』および『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)を経て、『ブラックパンサー』は第2作、第3作へと展開していくとみられる。すでにマーベルは続編の計画を進めており、製作の時期はライアン・クーグラー監督次第だとされているのだ。チャドウィック・ボーズマン演じるブラックパンサーの物語が続くことになりそうだが、シュリだけでなくオコエやナキアといった女性キャラクターのスピンオフ映画についてもアイデアは検討されているという。

 

ちなみにレティーシャは、シュリを主人公とした映画や、自身のブラックパンサー襲名について過去にも言及したことがある。当時は「やれたらうれしいですね」と述べつつも「ティ・チャラ抜きでシュリの映画は作れないし、ラモンダやナキア、オコエ、ドーラ・ミラージュがいないシュリの映画もありえません」と話していた。

「シュリは若くて、まだ準備段階で、テクノロジーに夢中で、とにかく発明が楽しくて、すごく集中してますよね。だから、もしも実現するなら最高ですけど、でも今のところ、チャドウィック・ボーズマンのブラックパンサーが最高ですから! 今はガジェットで手助けするのが楽しいんですよ。」

映画『ブラックパンサー』MovieNEXは2018年7月4日発売

マーベル『ブラックパンサー』妹シュリは16歳の天才科学者 ― 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』登場、いずれ単独映画も?

Source: SCREENGEEK
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。