Menu
(0)

Search

『ライトハウス』ウィレム・デフォー、ロバート・パティンソンに殴りかかる ─ 緊迫感あふれる特別映像

ライトハウス
(C)2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.

ウィレム・デフォーが怒りに我を忘れて、ロバート・パティンソンに殴りかかる。『ウィッチ』(2015)のロバート・エガース監督、A24が放つ恐ろしくも美しい映画『ライトハウス』が、2021年7月9日に日本上陸だ。この度、不穏な緊迫感あふれる本編特別映像が公開された。

1890年代、ニューイングランドの孤島にふたりの灯台守がやって来る。彼らにはこれから4週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテランであるトーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と、未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいでふたりは島に閉じ込められてしまう……。

古くから受け継がれる言い伝えを真摯に守るトーマスと、問題のある過去を捨て、新たにやりなおそうとしているウィンズロー。このたび公開された映像は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返すふたりだけの食卓シーンからはじまる。「気が狂って、人魚について話し始めた、悪い前兆だ」自身の前任者について質問したウィンズローに、トーマスは少しずつ答え始める。「最後は“鶏の⻭”ほどの理性も残っちゃいなかった。灯りの中に魔法が宿ると信じてやがった」。そして、船乗りの守り神と言い伝えられる「“守護聖人 聖エルモが“火を放ったんだ”ってな」とうやうやしく明かすが、ウィンズローは「ホラ話だ」と相手にしない。

そんな彼を見て呆れたトーマスは、「カモメを威嚇してたな、手出しするな」「海鳥殺しは不吉だ」と彼を戒めるが、「またホラ話か」と全く聞く耳を持とうとしない彼に怒りが爆発。殴ってもその気持ちはおさまらず、しばらく呆然と我を失ってしまう。ロバート・エガース監督は、「デフォーには、非常に具体的な指示でも取り込むことができる不思議な能力があります。最初の文の3行目の2番目の単語を少し速くしてから、全体を半分のトーンに落とすように頼むと、彼は正確にそれを実行します」と絶賛している。

映画『ライトハウス』は、2021年7月9日より、TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー。

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly